「許さない」という選択肢もある。

Forgivenessという言葉がつくカード、よくありますね。
なんでもかんでも、自分にイヤなことをした人を許せって意味!?と逆上なさる方もおられますが、それは違います。
「許さない」という決定を行うことで、問題を全て手放し、あなたと全く関係のないものだ、と線を引くことができる、というのが正確な意味です。

「許さない」という決定は、逆に怒りを収めることができます。
むやみやたらにカッカしてると、疲れますし、大体は自己否定へとなぜか流れていきます。自分を含め、誰かを否定し続けるというのは異様なエネルギーで、不自然だからです。しかも、前に進むために使うべき貴重なエネルギーや気力や時間、労力、お金などをいろいろと奪い続けます。
そんなこと、しなくていいんです。解決は簡単。
「許さない」という決定を元に、動けばいいんです。行動を起こしましょう。


例えその1。
前にブログに書いたかもしれませんが、チェコでボルダリングジムに通い始めたとき、最初についた先生が全く話にならないぐらいに自分勝手な人で、アポイントメント一つろくにとることができませんでした。
私は怒りました。頭にきました。なぜだろう、この人はきっとこう思ったに違いない…などと、憶測をして、また時間と労力をムダにしようとしました。
がしかし、そんなことをしてもただの時間のムダだと思い出した私は、さっさとジムの受付に行き、「彼はよい先生だけれど、アポイントをとることすら難しい。具体的に、このようなSMSでの決定的な齟齬があった。私は彼とコミュニケーションができない。先生を変えてください」と言いました。
そうしたらジムの人、彼がルーズな人物であることを認め、すぐに違う先生を探すと約束してくださって、親身になって次の先生を探して決定してくれました。
そのことが前の先生にも伝わり、彼からも「僕が至らず申し訳なかった」という謝罪のSMSも頂きました。(私は彼に一切期待していなかったので、驚きました。もちろん、もういいんだよと言いました。なぜなら、事は済んだからです。笑)

他人に期待しすぎたり、察してくれないかと思ったり、相手が謝ってくれるようにそれとなく相手を非難したり正論で否定するなどというのは解決から最も遠い方法だとも言えます。
解決方法は一つ、「もうあなたのその面を受け入れる気はないと決まりました」と決定し、その手配を行うこと。それだけです。
それだけで周りも理解します。もし誰も理解しなかったら、その環境自体から丸ごと離れましょう。例えば上記の私の例でいえば、もしスタッフがその先生で続けろと言ったり事情を理解しなかった場合はそのジムを即刻辞め、返金を要求するつもりでした。
ですが、今回はラッキーなことに、スタッフが理解してくれた。とても親切にしてくれて、新しい先生は本当にすてきな人で、もちろんアポイントを取ったらきちんと時間を守ってくれました。(笑)これはラッキーでした。(ついでに、先日友達と一緒にボルダリングに行ったら一緒に習った先生に偶然出会って、嬉しいね!と再会を喜び合いました。なんという偶然。。)

その2。
この春、長年のこっちでの親友に怒りを覚えた案件があり、結果的には怒りを伝え、我慢ならないと感じたことが何であったや我慢した理由も話しましたし、どうしてもお互いが理解できなかった(異国人同士ですので…)ので2ヶ月ぐらいかけて何度も話し合った結果、根気よくお互いに続けた理解への努力が実を結び、本当に彼女は尊敬できる人物だ…!と感じたので、また仲良しに戻ることができました。!
これも、もし何も言わなかったら一人で怒りに怒り続け、怒り狂って彼女にもっとひどいものと叩きつけていたかもしれませんが、まぁひどい言葉はちょっと使いましたが…(笑)一応ギリギリ間に合いましたし、「今度から、不満があったら早く、そしてすぐに言って!!!」と念を押されたので、私もそうすることを決意しました。。とにかく、何にせよ絶対に我慢はよくない…。


ですから、「許す」という言葉は、違う言葉に置き換えてもいいのではないかな…と個人的に思います。Forgivenessという言葉はもしかすると英語ネイティブにとっては、「手放す」「関わるのをやめる」に近いニュアンスを持っていて誤解を招かないのかもしれませんが、日本人が「許し」という単語を聞くと、「相手を許す」というふうに自動変換されてしまいますから、とても誤解を招きますよね。
あ、今辞書を引いてみたら、英語の語源としては「すっかり与える(for+give)=免除する」という意味なのだそうです…!確かに、そう言われてみればその通りだ……!!ですから、forgiveは「免除する、パスする」という意味、なんですね。あぁ〜〜〜だからか。。このへんが、言語を超えた場合の一つの齟齬だと思います。
すっかり与える、というのは、手放す、というニュアンスにイコールに見えます、私には。手を離す、もうそのことにこだわらない……。そんな感じが含まれていますね。
そしてまず、免除させるのは「自分を」です。他人にも結果的に免除を与えることになりますが、それは「自分に免除を与えたから、結果として」であって、相手が優先ではありません。まずあなた自身に行いなさい、とオラクルカードは常に優しく、愛の指摘してくれるのです。

というわけで、日本語でカードを引く私たちは、あまり「許す」という言葉にとらわれないで、くださいね。
もうあなたが苦しまなくてよいのです。
そこから逃れる方法があり、天使はあなたに苦しみから脱して、他の様々な体験や感情をもっと味わって楽しんで経験してほしいのです。
そのためにできることが、「怒りを握りしめていた手を、ひらく」こと。学んだことや教訓、そして愛は、手を離しても決してなくなることがありません。ですから、安心して手放してください。
そしてそのためには、私はできるだけ上記のように、許せない自分に気づいた瞬間に行動をとることが近道です。
この時、爆発する必要はありません。
もちろん怒りは抱えているでしょうが、伝える相手に怒りも伝えてしまうと、話がややこしくなります。
怒りはなるべく一人の時とか、カラオケとか、クッションにばふっとして思いっきり怒鳴るとか、海のバカヤローと叫ぶなどして、別の方法で解消しましょう。(笑)
そして、現実の手順や行動として、淡々と相手に「要求する案件」について伝えましょう。
相手が動かなければ、見捨ててください。
つまり、あなたが動くのです。相手を動かすなどとは考えず、動かないなと見て取ったらすぐ見捨てて大丈夫です。
そして、新しい場所に行くべきです。
今までの場所はあなたにふさわしくないのですから、これはあなたにとってより良い場所に行くチャンスです。
握りしめないでいいのです。
拳を開いて、怒りを覚える相手などさっさと見捨てて、
次の場所へ歩みだしてください!

🌙

オラクルカードはレベルや次元を下げられない。

2018.06.23 21:56|オラクルカード哲学
ここのところご縁あって、タロット占いをしているご友人を持つ方の講座をしたり、タロットの勉強からスピ的なものに入って今うちのコーチングを受けている方などと話す機会が多く、どれほどタロットとオラクルが違うかという話によくなりまして、細部が見えてきました。

私自身、タロットでも本当にトップレベルの方、人間的にきちんとした人物であれば、オラクルカードと同じぐらいの高い次元でリーディングができることは、以前どこかで見かけた内容で承知しています。
がその、一般的にタロット占いをしてる方の話ですと、「タロットは、占いを受ける人が執着が強かったり波動が低かったりすると、カードもそれに合わせた内容になる」というのが常識だそうです。ちょっと言語化が難しいんですが、伝わるでしょうか。
で、オラクルも同じだろうとその方は考えているそうで、それを聞いて疑問に思った講座受講者さんが「オラクルは根本的にまったく違うと感じたんですが、どうでしょうか?」とわたしに聞いてくださったので、「はい、違うと思います」と答えました。

オラクルカードは、天の存在たちが、一切次元レベルを下げることなく、高い場所にいるままで、そこからアドバイスをくれたり、愛や光を示してくれたりします。
それを全く理解できない!という場合は、実はそれを読んでいる私たちの次元が低すぎるのであって、カードが間違ってるわけでも不明瞭なわけでもありません。
実際オラクルカードで自分を鍛え直した私としては、初期にフンワリしてつかみどころのなかったカードたちが、どんどん明瞭さを増し、はっきりものを言い始めたのは、私の心がオープンになり、自分が卑屈さや執着丸出しの思考などをしなくなっていったからであることは間違いありません。
つまり、オラクルカードを理解するには、天の人たちがレベルを下げてくれることは100%ありえませんので、私たちがレベルを上げるしかないんです。自分たちが、最高の、至高善の自分としてしっかりと意識を引き上げ、決して卑屈になることなく、尊大になることなく、きちっと高いレベルにアラインして、ハイアーセルフの意識レベルになれる程度に自分を教育していくしかないのです。私たちが次元を上げるしかないんです。

これが、恐れや呪術も視野に入れているものをベースとしたタロットとの根底からの違いだと思います。

さらにいうと、次元を上げなくてはならないため、オラクルカードの方が「事故」が起こりづらいです。
タロットですと、例えば自信を喪失した状態で占いを受ければ、その人の今までを全否定するような最悪の結果が容易に生まれます。よほどの人物でなければ、タロット占いを真にポジティブなアドバイスを得て自ら思考する人生にするために生かすよう適切に読むことは、非常に難しいと言えます。タロットをやる人口のうちの0.1%もいないかもしれません。
ところがオラクルカードは、オラクルカード自体の次元が高いため、このネガティブ事故が非常に起こりづらいのです。
オラクルカードをまったく理解していないとしても、これを使う人はなるべく「良く」読もうと自然と努力しますし、その読みが全く支離滅裂で説明に書いてもいない希望的観測に沿ったものだったとしても、そのリーディングによって絶望したり、自らを否定されたような気分になる人はほとんどいないはずです(エセ占い師が故意に悪用しない限りは。残念ですがこうした人はどんなツールを使おうが同じ行動を取ります)。
そういう意味で、次元が高いが故に理解されづらい部分もありますが、理解されなくてもいいよ。とも思います。理解したいな…このカードが大好きだから、という気持ちで接していれば、いつか分かるようになるのです。なぜなら、スピリチュアリティは勉強や知識量ではなく、「人生経験」が全てだからです。自己理解とスピリチュアリティが結びついてくればくるほど、オラクルカードの納得度は跳ね上がります。

やっぱり私は、オラクルカードが好きです。
「真実」が、それ自体のレベルを決して下げてはならないという意味では、これは芸術と一緒だと思うからです。
つまり、私の信じるものと、一緒なのですねぇ…。
下のレベルに合わせると、真実は真実である価値と輝きを失い、人々は「降りてきてくれた」という仮の喜びと引き換えに、真の目標を見失う。やはり、下げるわけにはいかないのです。真実は、真実のままでいるべきなのです。

クセのある強い個性も、どんな境遇も、包み込み、認め、共に成長を促すオラクルカード。
やっぱり、私は信頼しています。

🌙

オラクルカードはっけんラジオ vol 20 Romance Angel Unrequested Love & 女神 RHIANNON



オラクルカードラジオ第20回で〜す。
今回はどうにも我慢できなくて面白ポイント満載の「ロマンスエンジェルオラクルカード」を使い、仕上げに女神を用いました。笑
ロマンスエンジェル、個人的には爆笑オラクルポイント満載で本当面白いので、「ロマンスエンジェルで恋愛の悩み解決しなくない?」て思ってる人は聞いてみてください。多分理由が分かる…かも。

あと「よく意味が分からなくなる」と評判(?)の女神カードのリーアノンも出たのでそのお話も。
改めて喋ってみると、いやほんとこの一言だな〜と思いました。

コメント&お便り、リクエスト等お待ちしております☺️

ホメオパシーその後;ほぼ完治?

2018.06.09 10:59|日記。
無事にお休み明けまして元気に活動しております。
書きたいことたくさんあるんですが、今回はホメオパシーでの皮膚の治療の経過です。
冬〜春にかけてまだ毒を出さなくてはならず、皮膚的にはけっこう辛くて、5月からまたちょっと悪化したりもしたんですが、薬を摂り終わり先日診療に行ったところ、「あとは喉と肺の湿度調整ができるようになれば治るよ」とのことでした!!!
皮膚を悪化させていた最大の要因である連鎖球菌が全て体内から出たようでもう既に炎症の元は見られないし、内臓がチェコの空気に適応するのも全て完了したそうで、腎臓・副腎は治ったのだそうです。すごい!もうこの二つの事実だけで、私は本当に嬉しかったです…!やっと終わったんだ、私の適応。。。嬉しかった。
皮膚にまだ炎症が見られるのですが、どうもその炎症の出方が最近変わった、というのは理解してました。水泡が出たりもしてましたし、どうやら体内の水分調節がうまくいってないんだなというのと、乾燥らしいな…とも感じていたんですが、先生がそれ+その原因を説明してくれました。「肺が乾いている。その原因は、咽頭の乾燥。その乾燥が皮膚に出て、ひび割れる形で皮膚に炎症が起きている」と。プラス、「咽頭が乾いてると、プラハの空気から取り込んだ悪い物質を呼吸によって十分に肺から押し出すことができないので、溜まってしまいがち」とも。
これまた想像もしなかったような診断でしたが、確かにここ最近というもの、毎日毎日異様に喉が乾いていて、何を飲もうがどう水分をとったりしようがどうにもならなかったので、これか………!!!という思いでした。
内臓の適応は終わったんですが、体内の水分を自動で調節する機能だけが、まだ適応していないんだそうです。(日本の潤沢な湿度に慣れているので、チェコの乾燥した環境での自動調節ができてない)なので、その機能を改善し促進する処方をします、と。これで治ると思うけど、万が一治らなかったら9月に来て、とのこと。予約のとりづらい病院なので一応予約はしましたが、先生が「もう来ることはないと思う」と。その時友達があまり説明してくれなかったので(説明する内容が多すぎたので後で説明すると言って後回しにしてた。後で全部説明してもらって納得でした…)なので、お礼がちゃんと言えなかったのがちょっと心苦しいですが、でもこれで治るなら嬉しい…!
処方された薬をさっそく摂り始めたところ、喉、そして皮膚に、今までにない潤いを感じております。こんなてきめんに効く?てぐらい、効いてる。ここらへんの効き方は漢方に近いなと個人的に思う。処方が当たると抜群に効くんで、こういう症状に関しては本当に優れていると感じます。
まだ皮膚が潤いを保つ機能は薄いですが、喉、そして肺の乾き方が減っています。薬を取り終わる頃には、かなり快適になっていると思います…!

皮膚の炎症だけでも辛いですが、夏の季節に半袖が着られない、着るにも勇気がいるというのは、女子としてはわりと辛い症状です。今まで普通に生きてきたから、ありがたみに気づかなかったんだよね…。脚も炎症痕が酷いのと皮膚を紫外線から守りたいので、まだまだひざ下は出せそうにありません。街ゆく女性が普通にスカート履いてるのを見て、うらやましいなぁ…って思ってしまいます。でも、それなりのおしゃれを楽しもう〜と思っているのと、皮膚は大切にしてあげて、その上でじっくり完治を狙おうと。
皮膚には治る力がある!4年ぐらいかかっているくるぶしですら、よくなる時は一気によくなったしちゃんときれいに治るのも分かってる。なので、とりあえず無事の完治を祈っています。その上でまだやるべきことがあるなら、またやればいいのだし。
本当に、感謝です。
完治したら、新しいシーツを買いに行こう…。もうシミ抜きも諦めたぐらい血や汁がつきますから…こういう症状持ったことある方やご家族はご存知だと思いますが、本当もう、諦めてましたからね。。治ってくれるのをのんびりと待ちます。
よく頑張ってくれたね、私の体さん。ありがとうね。これからもよろしくね。



IMG_0147.jpg

IMG_0146.jpg

こちらでは5月後半からはどこでもバラが満開!バラのシーズンです。
花が大好きな母と一緒に、バラの写真を撮りまくった休暇でした…!
けっこうWHRのサイトで花の画像はよく使うので、一年分の素材取れた(笑)
それにしてもこんなにバラをたくさん見たのは人生初だったので、感激しました…。素敵だった…最高にいい匂いだった……バラだけでブログ書けるぐらいいろんな体験をしました。
また小出しにしていきたいと思います♪笑

オラクルカードを使って、善悪という概念を消す方法。

2018.05.03 23:34|オラクルカード哲学
百害あって一利なしなのが、善悪を決めつける判断方法です。
どれかを善とすれば、どれかは悪になります。すべてを善ということは、この地球上において、物理的に不可能だからです。
正義の味方というのは、言い換えればだれかを見捨てていることになってしまうわけで。だから正義はなく、悪もない。
また、繊細で敏感になってくればくるほど、一言でも悪い言葉を発したり、誰かや自分を悪と決めつけた瞬間に、とてつもなく苦しい気持ちになります。善というのも、違和感のある発想方法です。誰かの権利だけを主張することに、真の解決の糸口はあるのでしょうか。

じゃあ、世の中をどう捉えたらいいんだ、と。お思いでしょう。良いことをして生きたいのに、そのどちらもないのなら、どう判断すればいいのだと。

その答えになるかは分かりませんが、オラクルカードでよくある過去・現在・未来の三枚引きを、自分が日々つけているオラクルカード定点観測のマンスリーとして用い始めたあたりから、私の世界からは善悪で物事を判断したり決めつけるという思考法が、どんどん消え去っていきました。
コーチングでもこの三枚引きをマンスリーに勧めていて、同様の効果が出てるかは知らないのですが、少なくとも私は気づいたらそうなっていました。
その原因として考えられるのが、マンスリーを三枚引きにしたことだったのでは、と。今日土台編をお教えしていて、はたと思い当たったのです。

三枚引きは極限までシンプルな形です。
マンスリーとして用いるとすれば、先月、今月、来月となります。
さらにいうと、先月までにあなたが学んだことを踏まえて、今月はそこでの学びを基盤としてさらにステップアップしてこの学びを行う。それを順当に学んでいけば、来月はこうした展開や、こうしたことを学ぶ段階に入るであろう。
という読み方をします。
普通、リーディングで用いると、未来の位置によさげなカードとか、つるっとうまくいきそうなカードが出れば「良い未来」、ちょっとタイミングを待ってみようとか、努力続行とか出ると「悪い未来」と勝手に決めつけますよね。(そういう方が圧倒的に多いです。)そう感じてしまうのも無理のないことでしょう。私も初期はそのように思っていました。
ですが、オラクルカードの真価はその読み方では一切発揮されていません。
マンスリーに三枚引きを使い、さらにオラクルカードを用いることでの効能は、いざ、その「悪い未来」だと思っていたカードの学びを生きる1ヶ月を過ごしてみると、自分が予想していたような浅はかなことは一切起こらず、そればかりか、この学びのおかげで必要なことを手にいれることができた、と実感できることです。

人間の予想というものがどれほど浅はかで断定的で配慮がないものか、私はカードにはよく教えられました。しかも、暖かい感触で、決して私の浅はかさを否定せずに辛抱強く根気強く、ただ真実を示すというだけで教えてくれたのがオラクルカードです。
人間は、良くも悪くも目先のことしか分かりません。目先の利益や損得に囚われて、勝手に失望したり自信をなくしたり、まぁ〜〜勝手なものです。こんな生物をよく神様は平等に愛してくださるものだと、本当に感心してしまうほどです。。ですが、それでいいのです。だからこそ、良いのです。一つ一つ学んでゆく私たちを、神様は最高に祝福してくださるからです。
そして、マンスリーで使うと起こるのが、目先の良い悪いやラッキー・アンラッキーなんて、なんと些末なことなのか、人生とはなんと大きなスケールで動いていることか。と、続ければ続けるほどに実感させられることです。
少なくとも、私はそうでした。

私は自分でカードを引き始め、いつのまにか記録をつけ始めてから、もうそろそろ10年が経とうとしています。
最初の頃はカードの名前だけを記録していました。
そして徐々に、長文の日記を書かなくなるのと入れ替わるかのように、その日出たカード・その日の出来事・体調・総合した振り返り、をエクセルにつけていくようになりました。
データとして見てみると、天からのアドバイスの精妙さに、本当に唸ってしまうことが多いです。
人生とはなんというスケールで動いているのか、という感覚も、どういうわけだか、エクセルで記録をつけ始めてから感じるようになってきました。
ノートにつけてる頃は、ここまで壮大な感覚はなかったです。たまたまなのか、偶然じゃないのかは分からないのですが…。
その中でも、マンスリーのカードが連綿と続いていく様子は、私に「人生は多面体であり、連綿と続くプロセスであり、死ぬ瞬間まで私たちは進化し学ぶのだ」という確信を得させました。
例えば、今月引いたマンスリーで出た「来月」のカードは、次の月にマンスリーを引くと「今月」の位置のはず、です。(分かりますか?)そこに、先月出たのとバッチリ同じカードが出て、あっやっぱり今月これなのね、と納得することも何度も経験しました。または、1ヶ月を乗り切って次の月のマンスリーを引いたとき、「先月」の位置に出たカードを見て「あぁ、あの1ヶ月の濃い〜〜〜学びをこの一言に凝縮させるのか!なんと見事な…!!」と感嘆させられることもしばしばでした。カードが変われば言い換えられてるような感じなのですが、それはもう見事に、私が得た実感を言語化し、絵でも伝えてくるのです。「すごいな!!!」と、毎回感心してしまいます。濃い〜〜〜ぃ1ヶ月を過ごした後は特に。
そうすると、自分が思っていたそのカードへの浅はかな思い込みというのは、自然と霧散していくのです。「未来なんて、体験もせずに分かるものではないんだ」と解るのです。そして、偽物ではないほんものの生きる実力を得る=人として成長していくには、インスタントじゃない結果、自分のエゴを満たすためだけじゃない価値観、揺らがない軸、長期的なスパンで自分自身を見守り育てることや慈しみ、忍耐力、創造力がついていくのです。

だから、長期的にカードを引いてみてほしいのです。
1ヶ月や2ヶ月でギブアップしてしまっては、どうにも本質が身につきません。
サボりながらでいいので、長〜〜く、マイペースで続ける方を選んでください。
それから、引くことと抜書きだけして振り返らないのが一番もったいないです。眺めてるだけなのとほとんど変わりません。自らの実際の生活がどうだったかとカードを結びつける作業をしなくては、人生にカードが入っていきません。人生に入ってきていないカードをどのように使おうとも、上滑りの、フェイクになってしまいます。
もう騙されないぞと決めてる方。うわべのうまくいってることなんて何の意味もないと悟ってる方。本質を求めている方は、必ず、振り返りをするようにしましょう。その努力には10倍の結果がついてきます。「あなたが神に一歩近づけば、神はあなたに10歩近く」です。

🌙
| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Yukiko (WHR)

Author:Yukiko (WHR)
誠心リーディングの会(WHR)をやっていますYukikoです。
リーディングセッション、オラクルカードを使いこなすための講座、オラクルxライフコーチング、エーテリアルクリスタルヒーリング、オンライン勉強会(WHR Membership)を提供しています。スピリチュアル職の自立した横のつながりを目的とするWHR職業人会を立ち上げました。
本職は絵描き(ウェブ) 、チェコ在住。

Category

Resent Entries

Link

Twitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ