あれこれ

IMG_5584.jpg
新しくやってきた多肉植物の舞姫?数珠姫?ちゃんと、今年のテーマクリスタル。
はーかわいい。



日記書いてなかったのであれこれ。


・サイトリニューアル作業、ちょこちょこ進めてるのですが、意外と慎重にしっかり進めてるので時間がかかりそうです。
やってる内容の芯は相変わらず不変ですが、もっと「ユニバーサル」にしたいな、と思い、言葉の一つ一つや、書き方を工夫しています。
もっと言えば「もっと短くて簡潔だけど、もっと伝わるページ作り」です。
ちょっと出来てきた〜💪

この作業が終わる頃には夏休み期間に突入しそうなので、またもや10月始め頃がリニューアルタイミングになるかも…です!
相変わらずのんびりですが、うちらしさに磨きをかけて、内容も充実していきます。
今の時点でだいぶ新しくなったことがあって、全然アップデート追いついていない状態なのでちょっともどかしくはあるのですが、急いでやっても夏休みで受付できなくなるので焦らずいきます…!


・あんなに苦手だ苦手だとずっと言ってたツイッターが、一周年を迎えてしまいました…。驚きだね。
慣れてみると、クソリプは私の体質に合っていたよ…(クソリプ体質…)
最近はちょこちょこ、フォローしてくださった方とお話しできたりしてて、すごく嬉しいです。お聞きすると、以前私のセッション受けてくださった方とかみたいで…!本名お聞きすればどなたかすぐ分かるんですけど、気になりつつもあえて全く聞かずに遊んでいただいています。笑
ツイッタランドの住人さん、私もまたこれから絡んでいきたいと思ってますので、遊んでやってください🙏


・ビザが…!てずっと言ってますが今もまだ戦っておりまして、今年の夏は日本は帰れない(ので多分年末〜新年)んですが、今年は友人やら何やらこっちにあれこれ来てくれる期間がガッと固まったので、結局一ヶ月ぐらいまるっと夏休み期間を頂くことになりました。
というわけで今年は8/11~9/15ぐらいまでまるっと休みます。
よろしくお願いします。


・しかし一年半以上ぶりに完全プライベートでの旅行に行けることになり、本当に夢みたい…。嬉しい…。。。夢みたいだけど…現実…泣けるほど嬉しい…。。。ストレスが溜まりきっているんだ…
いっつも仕事絡みとか人を案内したりとかで、もちろん自分がやりたくて必要だからやってたんですが、一方で自分の楽しみやリラックスや興味のための旅行に全然行けなくて心身共にフラストレーションが溜まりまくってるので、プライベート旅行はたった一週間と短い期間ではありますが、めっちゃくちゃ楽しんで心を解放してこようと思います…!うあああああ!!!!!!もーーーーいい加減ほんとマジで辛い!!!!!(心の奥底からの声)


・今月始め頃、あれこれしてたらiPhoneがいかれまして、どうした?と思いつつ、あぁもうこれは…。みたいな予感もあったのですが、修理に出したら案の定「マザーボード逝ってますね」て言われたので、あぁこれはもう寿命だわ。。ということで、出費は痛かったですが念願だった赤iPhone7ちゃんをお迎えしました。
これがもう…
手に馴染む大きさといい私の一番好きなApple赤といい、押したら反応が「んっ」と返ってくる3D Touchパネルといい…すごい…このiPhone…オーダーメイド?生きてる…この子生きてる……ていうしっくり具合です。

IMG_5511.jpg


カバーもチェコのハンドメイドで恐ろしいほどしっくりくる赤と白のバランスのが見つかってしまい、いやもはや完全なるオーダーメイドでは?と言いながら日々過ごしています。
よかった…4年半、何度も取り落とし破損し負担をかけた初代ちゃんを使い抜いたからこそ、これの価値が分かるんだよね…。ありがとう…という気持ちです。
今になって思えば、iPhone5は私の手には小さすぎたのです。ということが、7が来てから分かりました。だって、落ちないもの…。手からスルッと落ちないもの。。5は持った瞬間に落ちる…。こんなに違うとは知らなかった…大きさって大事なんだなぁ。
めっちゃ快適です。はぁ〜。。。ありがたい。


・写真、空がキレイに撮れないなーというのが先代の不満だったのですが、どうなったかなと思って撮ってみました。

IMG_5609.jpg


うん…、いんじゃないかな。。。
この色の空、大好きなのです。
ついつい撮ってしまう。


・「重金属」のその後なんですが、
ホメオパシーの薬を取り始めてから、肺呼吸がやっと前のようにできるようになり(ほぼ!)、皮膚の炎症も順調に治まってきて、ホッとしていた矢先、なぜだか、また悪化してきました。
どうしてだろうとがっかりしつつ、原因が分からずにいたのですが、ある日ふっと、最近使っている安物のミルクパンの鍋底が少しずつ剥がれてきているのに気づきました。
お米を研いでたら、剥がれてくる。。なるべく取り除いて炊いてみたけど、やっぱりちょっと混じってる。。
麺を茹でたりご飯を炊いたり、その鍋はよく使ってたんです。
で、気づいた。その剥がれた破片もしくは剥がれた後の鍋底から、私は金属を再び身体に入れてしまったのだと。。。。
そうとなったら速攻で鍋を捨てました。(そしてちゃんとしたのを買いました。。)
そしたら身体に入れてしまった金属が排出された頃に、再び炎症は治まり、掻き壊すようなことはなくなりました。
それで「あぁ、本当に、本当に金属だったんだなぁ原因、、、、、、」
と思い知った次第です。
不思議だけど、これで確信に至りました…!


・あ、えっと!
ユーストは今後もたまに企画してやりたいと思います。
あとはあれだね、飲まないほうがいいみたい。爽
第一部(最初の一時間)は企画立ててちゃんとやって、二次会(その後の野となれ山となれ時間)に飲み始めてもいいけど、どっちにしろこっちは昼間ですからぁ!!!日本は夜でも!!!!だから意味ない。。。
て気づいた。
でも真面目にやるのやだな〜。ふざけたいな〜。両方やりたいな〜。。。両方やる💪💪

ユーストじゃなくてツイキャスやPeriscopeみたいのでもいいかなとは思ってます。
なんかまたやってみます✋
ご意見ご要望は随時お待ちしております〜!



ではー✋

自分と、他人と、神の領域のバランス

ついったで話してたり、占いとかやってて、最近のいろんなことを見ながらふと、思ったこと

人間には、例えば「心身魂」とか「インナーチャイルド、親、賢者の老人」とかの3つのくくりがあるっていうのを講座でも教えてるのだけど、意外と大事なのは
「自分」「自分以外の人」「天」だと思うんですよね。

この3つは、それぞれ、その領域にしか癒したり救ったりできない大切な機能があります。

自分を救えるのは自分だけ、という部分があります。
これは、自分を好きになること、自分に自信を持ったり、自分が信じることを貫くことで道がひらけてきた時に初めて感じる喜びと確信だとか、そういうものです。これは他人がいくら自分を褒めてくれても、いくら自分を慰めてくれても、自分が自分を認めないと、そして認められるように行動しないと永遠に癒されない部分で、他人に褒めてもらいたくて依存してしまう人も多いです。が、そもそも、それは自分がそれを認識し、自分を愛し大切にすると決めなくてはいけないことです。
自分にしか分からないことややりきれない気持ちをどうにかするには、ものを作るのが一番です。芸術です。絵でも、音楽でも、ねんどでも、料理でも、手芸でも、なんでもよいです。カラオケに行って歌いまくるとか、一日中取り憑かれたように編み物してるとか、そんなのもそういうことの一部です。私は、やりきれなくなったら、絵を描くしかないです。絵にしか解決できないことがあり、描く期間をしばらく設けるといつのまにかスッキリします。
芸術は、人間の混沌を受け止めて、良い悪いではない世界に連れていってくれて、次のチャンスやステップにも導いてくれます。人間の根本は創造性だからなのだと思います。

次に、「自分以外の人」これもすごく大事です。
人は絶対に一人じゃ生きていけません。愛する人、反対する人、分かってくれる人、ぜんぜんわかろうともしない人、関係ある人ない人、いろんな人がいることが大事なんです。
そして、一人で思い悩んでしまった時や、天から持ってきた使命が辛くてしんどくて重たいとき、人として生きる苦しみや重荷を分かち合えるのは、地球に一緒に生まれてきた、周りの人達だけです。
人間の輪、人間関係における分かち合いは、もっと積極的に使うべきです。
信頼できる人に、弱音を吐き、痛みを打ち明けて、相手の意外な強さや優しさを発見して驚くこともあります。思いもよらない独創的な解決方法が待っていることもあります。
人を傷つけるのも人だけど、人を救えるのもまた人で、みたいな格言がありますが、本当そうだと思います。
例えば聖書なんかでも、神さまは助けは人を通して遣わすから、人に注意していなさいと言われています。人間って、大事な存在なのです。
ただし、絶対に依存してはいけません。人にはいろんな時期があり、すれ違うときもあり、一致する時もあります。でも、それでいいのです。お互いがあるがままであることを受け入れ、許し、その中でちゃんと一緒に語らえる「人」がその時用意されていることを知って、喜んでください。

そして、「天」です。
人間にはそれぞれの天命があり、皆、必死で生きています。皆、自分の人生を生き抜くことが第一です。人の頭や心は万能じゃありません。いつも慰めてくれる人が、手一杯でどうしようもないなんてこともよくあるし、いつも分かってくれる人が、今回は全然分かってくれないなんてこともあります。人間には、自分のキャパ以上のことは理解できないからです。自分の巨大な孤独を、人間には扱いきれない、そんなことだってあります。
そんな時は、天と話す時なんです。天使や神さまに話しかけましょう。人知を超えた存在に助けを求めて、保護してもらい、羽を休めて作戦タイムを取るんです。これは、自分はもう変わるしかないのだ、というとこまで追い詰められた人ほど、その有効性が分かると思います。天は時に厳しいようなことも言いますが、よくよく聞いてみれば至極真っ当なこと、そして本当に今前に進むために、このつらい場所にいつまでも留まらないように、これ以上自分が自分を傷つけることのないように、そのために言ってくれているのだということが分かります。自然で真っ当なステップ以外に、最も信頼できる変化などないからです。(突然で都合のいい展開は大抵目眩ましで、すぐに失望することになり、落ち込みが深まることが多いです)
天の言葉をちゃんと理解するにはコツが要ったり時間が要ったりします。自分を知らない人ならなおさら時間がかかります。即効性だけに頼らず根気よく、長期的に取り組むと吉です。その時期は、無理に自分の領域だけでやろうとせず、他人の言葉に頼ろうとせず、ちょっとフワッとさせたまま作戦タイムと癒しが終わるのを待つほうがよいです。

人とも関わりましょう。
自分と向き合って癒やすことも、やりましょう。
神と対話することも、やりましょう。

お気づきでしょうか。
このどれが欠けても、人間はバランスがちょっと崩れるのです。

神、つまり直感を通して、直感を自分の全身に流れ込ませていく過程をやらないまま一生を生きるのは、たぶん無理です。直感や野生の勘は、常に自分を正確に導いてきました。このコンパスはこの上なく正確無比なのです。どんな人でも、それは体で、感覚で知っているはずです。スピリチュアルに限った話じゃありません。
それから、人とかかわらないこと、人に助けを求めないこと、人を信用しないことも、無理です。そんな人が生きていくのは、物理的にも心理的にも、無理です。人に心を開いても、いいのです。
そして自分で自分を癒すこと、認めることをしないで生きるのも、無理です。いえ、もしかしたら、可能ではあるのかもしれません。ですが、大体、ひどいものです。神も他人も、自分に対して自分が開くことをしない限り、本当には働くことのできない機能だからです。責任のない人生を、これからどれだけ生きるつもりなのでしょうか。そんなことをして、自分が傷ついていないとでも、思ってるのでしょうか。それは駄目です。無理なのです。だけど、人はいとも簡単に、責任を投げ出しても大丈夫だと言わんばかりの行動を取ります。その人の自尊心は傷ついていますが、自覚がないのです。

そう、一番むずかしいのは、「自分」の項目だったのです。
これが一番、色んな人にとって難しいことなのです。

私のブログはいつも、スピリチュアルの話をしながら「スピリチュアル以外のことをもっと意識してください」という書き方になります。それは、これが理由です。
WHRでやっていることも、必ず「自分にフォーカスするお手伝い」と言います。
恐くないよ、大丈夫だから、手伝うから、やってみよう。と問いかけます。
どんな正確であたたかいメッセージも、その人が自分に自分を開いていない限り、全部ニセモノになってしまうからです。
でも、それを理解できない人も、大勢います。そういう方に出会うと、残念な気持ちにはなりますが、そういう方が大勢いらっしゃるのは知っているので、何もして差し上げられないのだなぁと思って、終わりです。
勇気をもってやろう、やらないと人生は変えられない。そこまでわかってる方になら、そういう方となら、いろいろな試みはどんどん、うまくいくものです。

このことは難しいことかもしれません。
でも私はこのことを、この仕事をしてる限り、一生言い続けていきたいと思います。

WHRの今とこれから・2017年5月

2人がブログを更新してくれてたので、WHRのinfoでもお知らせいたしましたー。

あすかさんが脱退することになってから、約十日。

最近、さぎょいぷで週に2〜3回ぐらいともこさんと話してるのですが、色々と既に動きがあって。
今の感覚としては、急いで次のメンバーを募集するというより、今自分たちの内側から出てきたものを大切に、出していきたいんですよね。準備して育てて、実際にやってみて。そういうことが今、たくさんあるんで、それを全部1つずつちゃんと、やってみたいのです。
急いで新メンバーを募集をしてしまうと、せっかく今出始めた大切な何かの流れを止めてしまうような気がするんです。今はこの流れを絶対止めてはいけないし、この流れが流れ出ていって、皆さんの元に届いて、それからどんどん見えてくるものや出て来るもの、動き出すことがたくさんあると思う。それを今日、確信しました。それに、それを見ていただいてから、興味を持ってくださった方々をお招きした方がよいのではないかな、とも感じています。(新規募集に関しては、もう少ししたら「随時募集」みたいなゆるい形に切り替えて、その都度お互いに話をして検討してみようみたいな感じになるかな〜とも思っています。)
今このタイミングでともこさんの準備完了を待っていたかのように色々と出てきていまして、それはともこさん単独行動というよりWHRとして一緒に発信していける内容になぜかちゃんとなっていて(うまく言えないんですけど、そういう感じなんです)、だから、私個人としてやれることややりたいことは出尽くしてるし現状このままいくので、今新しく出てきたものを表現するサポートも、今はしっかりやりたいです。

何かこう、「必然」の流れというのは斯くも精妙にできているのか…と畏敬の念もありつつ、至極自然な流れでもあって。
ともこさんが過去から持ち越した才能と意欲と同時に、持ち越してもいる恐れを乗り越えるお手伝いを不肖私めがご縁を頂いてやらせてもらっていて、
それが花開いていくのを見ているのは、とても幸運で、幸せです。
私が孤軍奮闘で作り上げてきたWHRのオラクルカード講座で、私には思いつかなかったけれど最も大事な「最初の一歩」の最良の一手を彼女が今回発見し、そのメソッドは既に作り上げられていて、わたしはとても感激しました。私のやってきたことって無駄じゃなかったんだなというのもありますし、最大の喜びは、きっと、この講座(ワークショップ?)を受けた人が喜んでくださる!という感覚です。確信といってもいいです。それがすごく嬉しかった。

今はなんだか、不思議な気分です。
自分のエゴだけでやってきた活動じゃないからこそなのか、全ての素晴らしいことが本当に奇跡の花のように思えて、美しいなぁ、すごいなぁと手放しで喜んで眺めているような、そんな感じです。まぁ、それは絵もWHRもそうなのですけども。
自分がそれに対してすべきことは至極シンプルで、ほんのいくつかしかないけど、その「自分のやれること」をただ淡々と誠意を込めてやればいい、というのも、この数ヶ月の苦しさを乗り越えての実感です。あれのおかげで、まぁやがてまた何かは変わってくるかもだけれど、今はすごく穏やかな気持ちです。自分にできることが少ししかないことが、こんなにも正しいことだと思えているのは今が初めて。
いい意味で、自分がどうこうしなくちゃ駄目なんだみたいな意識が完全にないのは、この春個人的に苦しんだ甲斐があったんじゃないかな、と思います。背負わなくなりました。背負えないことを理解したから。
あとはやっぱり自己愛が足りないらしくて、今日とある経路で知らせていただいて笑いました。自己愛がんばります、、、笑 楽しいことだもんね!!

WHR活動は最初私だけで始めて、でもそれじゃ駄目だ限界がある、って思って2年前に仲間を見つけて形を変えたけれど、やっぱり、こうなってよかったって心から思ってます。
私は正直、他人さまと同じ方向を向いて活動していくのが本当に苦手だと思っていたんですが、それをWHRの2人は覆してくれました。そんなことはない、ちゃんといるんだって。
私がこの場を用意できたのも、神さまのお導きなのでしょう。奇蹟を今でもリアルタイムで体験させてもらっています。

WHR、これからものびのび、一人ひとりのお客さまに触れながら進んでいきます。
また「みんなで」一緒に楽しんでいけるよう、精進していきます☆

愛と怒り、リスクと可能性

なんか「発信する」という作業って、一度やらなくなるととことん分からなくなるような…!
今日は気軽に書いてみるかな。
写真も色気もない記事ですが相変わらず。笑

ここ数ヶ月の変化の間に、自分のことがいくつか分かりました。何かとても重要なことが。
たとえば、私は何よりも「愛がある人」に惹かれるし、人間として最も大事なことはそれだと思っていること。
特に、「成熟した愛」の持ち主を好むようです。
成熟した愛っていうのは、一時的な、ギャーピー言う愛じゃなくて、その対象のことを深く愛し、じっくり取り組み、時にはその愛のために怒ることもでき、対象と自らをさまざまな角度から検証し、その愛の中で自らも人として学んでいく、というタイプ。そういう人には無条件の敬愛を感じます。
それは人相手でも、もの相手でも、一つの道が相手でも、同じです。

この価値観が、思い出す限り、小学生から変わっていないのは確かです。
中学生頃からはっきりとした「思想」が自らの中に芽生え始めたのですが、その頃から、愛情深い友達はとりわけ大事にしてきました。バカでも不良でも、愛情が深くかつ適切なタイプは分かります。人のケンカの仲裁のために、身を投げ出して止めに行くような子には無条件の愛を感じていました。中学校の時のその同級生と二十歳超えてから会った時、最近の彼氏との話を聞いたらまったく変わってなかったので笑ってしまったのはいい思い出です。笑
愛のある人は必ず人に恵まれるので、心配してません。

関係あるようなないようなですが、「怒り」というのは愛の深さを知るのに意外に大事なファクターだと、最近改めて気づきました。
適切に怒れる人、何かのために怒れる人というのは、意外と少ないんです。
自分の癇癪や、恐怖を隠すためにキレる人なら掃いて捨てるほどいますが、何か大切なもののために怒り、立ち上がる力に変えられる人は、それほどいないんです。
友人と会って、とある出来事について話していたとき、静かにそして確かに「私は、この現状に対して怒っている」と話してくれたその人を見て、何か、私も深く、感動しました。怒ってくれるんだ。怒ってもいいんだ…と。
もちろんそれは、誰かをヒステリックに批難することではありません。大人なので、もっとうまくやります。(笑)というか真正面切って、作品で勝負して勝つことで、その怒りに打ち勝つのです。
私が敬愛するのはこういう人達だなぁ、とその一端を再び見させてもらいました。しかも、一緒にものごとを行うことができるのが嬉しいです。

この価値観は、私にとって多分、一番大事なものです。
そういう、自分にとって一番大事だと思うものを、もっと意識したいと思いました。
大事なものは、言葉では言い表せません。
言い表せないということを知らない人は、愛の浅い人ですが、そういう人はごまんと居ます。
彼らにいちいち失望していたらキリがありません。
人間に期待してしまうのが、私のよいクセなのか悪いクセなのか分かりませんが
そんなことはともかく、自分の生き方を貫くだけだな、と思います。

人間には限りがあり、限界があります。できることは限られています。
私はこの限界に対して、この数ヶ月で折り合いをつけさせられたのだ、と思っています。
ずっとつけたかったのです。自分に自信がなくてつけられなかっただけなのです。それを今、つける時が来ただけのこと。
この限界を受けいれ、自分がやりたいことをやるために他のことを犠牲にしなくてはならないリスクを引き受けることで、1つしか取れないその人生の目的から、自分が手に入れるべき必要なものは全て与えられるのだから、自ら10を得ようとリスクを拒否するのはおかしいのです。言葉にすればこれだけのこと、でもこれを実際に覚悟するには随分かかりました。
リスクを取る、という言葉は、何かちょっと恐ろしいような印象があります。オラクルカードにもよく出てきますね。私もちょっと、恐ろしいな、と思ってきました。
でも実際に理解してみると、なーんだ、という感じでした。。
取るべきリスクを100%負うと決意すれば、複雑に絡まったように見えている糸は、いっぺんにほどけてしまう。
私が見出したのは、この方法でした。
生きていれば自然とそういうことも発生していきますから、どこかでほどかないとおかしくなる。
自らの原点に戻りました。

なので、ここんとこは再びワケの分からない書類地獄に放り込まれたり、永遠に終わらないのではと思えるもう何度も同じことをしてる不毛なやり取りをやらされたりしましたが、笑っていられました。私の敵はこいつらじゃないし、今目の前にあるように見えてる壁や困難はじつは私の困難ではない、と気づいたからです。これは、神さまが仮で私に渡した、単純作業のようなものです。それがどうなろうが、どうとでもなるように、神さまが作っておられるので、私は任せっきりでいて、ただ目の前にあることを一生懸命やっていればよいのです。
もう既に、いくつもの問題が起こりましたが、その度に恐ろしく奇跡的かつ非常に常識的な方法で、色々なことが解決していきました。私はただ、笑っていただけです。自分の責任ではないもので悩むのは、やめました。私の責任はただ一つ。全力で楽しんで絵を描き続け、人さまのお役に立つことです。それを材料にして、絵を描けばいいのです。

結論自体はシンプルでした。
私は今日も、絵を描いてて、生きていて、幸せ、ということです。



あっそういえば、例の歯の激痛ですが、あのアファメーションで3日でほぼ痛みが消え去り、今はつかれた時や体力が落ちた時に、寝る前にわずかに痛む程度になりました。今は右側が痛むんですが、その直前までは左側の治療した歯の神経が同じ状態になってて半年以上普通に神経染みてたので(神経抜いた歯なのに…!)、今回も長いのかも…。もっちょい元気出たら歯医者にも行きます。
かゆみはまた別のフェーズに移っていて、左くるぶしがひどく悪化してしまったかわりに全身のかゆみは収まるという…。いや駄目だろ…。。どうしたら。。てなってて、月末にホメオパシーの先生のとこに行くことになりました。漢方や鍼なども併用している先生だそうで、私のイメージしてた「総合医」の感じに近い予感がしたので、ずっと親友のかかりつけ医であるその人の診察をとにかく一度受けてみようと思いました。ヨーロッパに住んでいる以上、日本にいるときと同じ対処法では限界があると感じているのです。人生初ホメオパシーですが、ヨーロッパでの解決法はこれしかないのでは…と今予感しているところです。それまでは、引き続き自分と丁寧に向き合いつつ、悪化させないように努力しまする。

好きという気持ち。

ちょっと最近思うところがありまして。
私が思う「カードリーディングができる人」というのは、いろんなカードが使えることでも、知識があることでもありません。「そのカードを好きで、言ってることを理解したいという気持ちがあるかどうか」です。その気持ちでカードを使い続ければ、いずれ分かります。それをリーディングに用いられるかどうか、つまりクライアントに使えるかどうかは、その人が言語化の努力を怠らなかったかどうかであって、怠っていれば分かりやすくメッセージを届けるリーディングはできませんし、常に努力して磨いていけば、どんどんその能力は向上します。
なので、多くの方が誤解しがちなのかもしれないんですが、基本的に「リーディングできてるか」と「言語化能力を人のために使えるレベルに磨くかどうか」は別の話なのです。

カードが好きだから毎日引いてて、またこのカードが出た!どうしてだろう?分かるようで分からない、大切なことを言ってくれている気がするのに、どうして!?もどかしい!!というハートのドキドキから動機があるのなら、必ずきっと、そのカードとちゃんと仲良くなって、リーディングが(言語化は別だけど、リーディング自体は)ちゃんと出来るようになります。
ところが、もし知りたいという気持ちが、例えば「自分が理解できないものがあることに納得できない」といったような知識欲が勝っているものならば、分かっても意味ないと思います、というか「分かる」日が来ることはないと思います。その人の動機に、切迫感がないからです。ハート的に、必要に迫られていないからです。
切迫感とは、どうしても好きな人のことが知りたい!という、あの気持ちです。恋い焦がれるような感じとでも言いましょうか。。好きなもの、好きなことを前にしたら、自然と強く湧いてきて止まらない、最強のエネルギーのことです。
そもそも「分かる」というのは、感情の問題です。ハートの問題なんです。感情が理解しない限り、つまり本当に心がそれに対して開かれない限り、なにごとも身につきません。それと、とりあえず万遍なくぜんぶ分かりたい!というのは「感情的」であり、実感も愛情も伴っていません。理知欲だけで何かを手に入れようとしても、絶対に人間の手には入りません。ハートがドキドキして、好きでたまらなくて、どうしても知りたい!と思わなければ、そしてその気持ちを持ってリスクを受け入れ、犠牲を払って努力しなくては、手に入らないです。
ただし、その気持ちを持って続ければ、継続していけば、常にそのことを目指していれば、手に入ります。それは「絶対手に入る」と言ってはいけないのかもしれないけど、神さまが人間にその人の手には負えない課題は与えないことを考えれば、大体の場合はできるはずです。妥当なものだからです。

だから、気持ちを。ハートのドキドキを。感情の強さを。愛情の深さを。
それを一番に大事にしてほしいし、しなくてはだめなんです。

私が「この人はちゃんとリーディングできてるなぁ」と思う人とは、たくさんのカードを器用に使いこなす人ではないです。だってそんなの、必要ないんです。お仕事にするにも、実はいろんなカードなど必要ないです。(私がたまたま数が増えただけです。)
できてるなぁと思う人は、自分がいちばん大切にして、大事に、またほんとに気軽に、毎日使ってお話して、いっぱい仲良しになっているカードデッキが一つ、必ずある人です。
そもそも生涯に、いくつものカードはそんなに必要ないはずです。ドリーンの初期のカードなどならば、一生に一つだけあれば充分というほど、非常にバランス良く過不足なく完全に作られています。ですから問題はそれを、本当に愛して、自分自身の人生のスピリチュアルなお友達として、同僚として、パートナーとして、使えているかどうかです。

また、例えば私個人で言うと、私が20数種類のカードを使えているのは、その一つ一つにめちゃくちゃドキドキしてるからです。好きで、愛情を感じるからです。面白くて、たのしくて、実際にコトバやイメージと一緒に暮らして、とても楽しいからです。好きだからなんです。お仕事に使えるスキルだからという気持ちで磨ける種類のものではないんじゃないかな…、私はそうです。だから、いいカードはもちろん手持ち以外にもたくさんあるけれど、簡単に手を出しません。好きだ、私の人生に一緒に参加してほしい、と思ったタイミングでお迎えに行きます。

だから、たくさんのカードを既に買ってしまった人でも、まずは自分にとって核になるカードを見つけてください。
自分の気持に素直になれば、きっと見えてくるはずです。
見えてこないなら、分かるまで使わなくていいです。
何ヶ月も経って突然、あのカードが呼んでいる!と感じるぐらい、その絵が浮かんで離れなかったりしてから使い始めたら、うわあこれだ!ってなるとか。そういうことも、よくあると思います。
そうやって、自分とカードを大事にしてほしいんです。

逆に、一つのカードしか持ってないけど、ずっと好きで使ってる!という人は、自信を持ってたのしく続けていってください。
人生は器用さではないです。
あなたが愛を感じるものを持っていることこそが、素晴らしいことだからです。
もしカードをクライアントのためにやりたくなっても、きっとできます。あなたにとっての霊的な真実を、あなたの大好きなカードを通して、たのしくシェアしていってください。

何をするにも、同じですよね。

どうか、忘れないでください。


| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

Yukiko(WHR)

Author:Yukiko(WHR)
誠心リーディングの会(WHR)を立ち上げ、オラクルカードリーディングセッションやティーチングセッション、オラクルカードリーディング基礎講座、エーテリアルクリスタルヒーリングを提供しています。
本職はイラストレーター&画家(ウェブ)。チェコ在住。

リーディング@ココナラ

 

スピリチュアルカードリーディングを提供します 心に、愛とげんきとバランスを。 スピリチュアルカードリーディングを提供します 【スプレッド使用】パワフルロングリーディング 安らぎと愛のヒーリングメッセージをお届けします エクスプレス・ワンオラクルヒーリング【深夜対応・90分以内】

Category

Resent Entries

comments

Link

ゆきこtwitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ