やっぱり「予言臭」がすごい/ウィズダムオラクルカード

2016.08.24 18:43|オラクルカード紹介集
今年5月に購入し、使ってみて3ヶ月以上経った今になって突然ピンときたのが、
このカードって実はすごく、予言方面に特化してるんだ、ということ。
いわば「未来」を扱うのが得意という、少し変わったカードであることが、実感から浮かび上がってきました。
なので、このオラクルカードを「占術カード」("Divination Cards")と銘打ったコレットさんは正しかったのだ…!ということです。
また、オラクルカードでありながらここまで未来方面が得意ということは、タロットカードを正しく読める人と同等の読み込み力がないといけないという意味でもあります。つまり、人生にあるのは善悪や運不運などというものではなく、波の満ち干き、人生の四季、タイミング、光の強い場所に濃い闇もあるということを踏まえた上でネガティブに全く飲み込まれない精神力と公正さ、エゴからの脱出が必要になるのです。なので、このカードの難易度はまさしくそのまま、その難しさに直結しています。


ウィズダムオラクルカード ([バラエティ])
コレット・バロン=リード
株式会社 JMA・アソシエイツ(ライトワークス) (2016-02-18)
売り上げランキング: 154,621



◯私は「ウィークリー」のリーディング時にこれを使っていて、気付きました。
ウィークリーは週頭に引いて、「現在やるべきこと」に焦点を絞って具体的に道を切り開いていくために使うので、そのためのことを言ってほしいのですが、意外とウィズダムオラクルは「現在」でありつつも、どこか「数週間先」に向けて言ってるようなところが、あるんですよね。もしくは、もはや人生全体について言われているような…。今ここで全力を尽くすだけ、ではないんです。
実際、数週間経ってみて初めて
「あ、先月、ウィークリーで散々こう言われてたけど、なるほどねーこういうことだったんだ…。………あれっそれってもしかして……」
という感じになったのです。今月、特にそれを体感しました。
で、今月は体調不良もあってウィークリーは直感的に扱いやすい大天使オラクルカードで引いてたので、体力が戻ってきた今週、三週間ぶりぐらいにウィズダムオラクルでウィークリーしたんですよ。
そしたらやっぱり何ていうか、「今この瞬間」だけじゃなくて「ちょっと先に向けて」準備させるみたいな、「や、そうそう、今はそんな感じなんだけど、すごい大きな流れから見たらお前は今ここだってことがさぁ、来月には分かるよね。」みたいな言い方なんです。(笑)
それで、あぁそういうこと…!って思いました。

◯ちょっと「大きめ」なんです。捉え方が。
ベースとなっている考え方も、コレットさんは基本的に地球におけるサイクルを主軸に置いて作っています。なので、万物は変わっていく、流転する、時はめぐる、攻めるべき時と守るべき時がある、といった風に書かれており、二律背反的要素がすごく哲学的に絡み合った書き方をしていますから、スピリチュアル以前に語学力の問題、哲学的理解の問題、人生経験の問題もあると思います。仕事でこのカードを使うなら、よくよく読み込んで、その哲学的な言い回しが本当に何を意味しているのか、真意を掴んでからじゃないと、読まれた相手が複雑な顔をするかもしれません。(言い回しについてはコレット作の他のカード全てがそうですが)
だから、まず他のオラクルカードなどで「今ここ」を捉えられるようになってから、このカードを使いはじめる方が無難だと思います。
質問内容によっては、今へのアドバイスを聞きたかったのに数カ月先、一年先に向けてのアドバイスを出されて全く意味が分からない人が発生してもおかしくないような、そんなカードでもあります。「冷静に天の助言を聞ける状態じゃない時は引かない」「答えに執着しないこと」をこのカードを使う大前提としてコレットさんが挙げていますが、その通りだと思います。他のカード以上に、きちっとした自制、冷静さ、割り切りっぷりが大事かもしれません。


◯というわけでマインドがしっかりしてる時期の人じゃないと、使ったはいいけど混乱した、という人も多いと思うので、上級者向け。うちの分類で行くと「特化型」に振り分けてもいいものだと思います。
普段から魔女マインドで生きてきてる人、元来そっちな人、冷たいと呼ばれるほど割り切れてる人、今までにない視点でものごとを指摘される準備ができて落ち着いている人ならば大丈夫だと思います。
オラクルカード全般にそうですが、人生経験とその人の状況次第なので、全然スピリチュアル興味ない人でもこれがすごくハマったり、逆に私はめっちゃスピ系慣れてる!って人でもこのカードはすごく混乱したり。そういうカードです。

それと、解説書に「易経、ルーン文字、タロットの小アルカナの要素を含んである」と書かれていますので、そちらが得意な方にもこのカードは取り入れやすいかもしれません。
そちらの専門家の方、ウィズダムオラクルカードなら相性がいいかも。
是非、使ってみてどうだったか教えてほしいです…!
すごい可能性が待ち受けているかも。
確かに易経やルーンの感触は感じます。中国哲学と相性がいい気がする…。



・私自身は今、このカードすごく好きで、人生のアシスタント、また先生として、道しるべとして、このカードにはいろいろ教わっています。同時に買ったMapもわりとそんな感じですが、このウィズダムオラクルの方がちょっと強烈かも。

余談ですが「占術」という言葉について。
私は今まで、オラクルカードは占いじゃないんだよね〜と言い続けてきたわけですが、実はわたし自身、最近ではそのこと自体が気にならなくなってきてまして。
人が毎日の「心の鍛錬・トレーニング」にオラクルカードが最強に活用できて、困ったときには相談相手にもなってくれて、しかも人にもしてあげられるという特質を抜けば(抜きませんが。笑)、オラクルカードもまた、カードリーディングというものの本質を突き詰めていくとタロットや他のカード占い、そして他の「占い」と呼ばれるものとも本質的には何ら変わらないわけなので、「いや、占いでもあるよ」とむしろ最近は言えるようになりました。
そのタイミングでこの「ウィズダムオラクルカード」を使い始めたのも、自分の理解が追いついたタイミングだからだったのかもしれません。

大天使オラクルカード

2015.06.25 17:33|オラクルカード紹介集



◎特徴
・オールマイティ、核心のみの記述、一見ふんわりで実はがっしり、オーラだけでも美しいカード
・スピリチュアリティが人生にしっかり根付いてるレベルの人には、非常に快適で無駄のない作り
・考える前に行動しちゃう派の人もお勧め。動く前にじっくり考えたい人には若干不向き

○デッキ解説
大天使カードは、実は核心だけをスパッと突いてくる、シンプルかつ的確なつくりのカードです。
そのコアになっているメッセージ自体の意味が分からないと、このカードはただの曖昧なもやっとしたカードになってしまうのですが(初心者がこれを買ってそうなりやすいのは単にスピリチュアルな考え方自体を習得していないため、ということが多いと思います)、その考え方をしっかり理解している人が使った場合、大抵の質問は大天使カードを一枚引くだけで事足りるはずです。いわゆる「学がなくても賢い人」っていますね。そういうタイプの人は快適に使えると思います。知識や経験があるとかないとか、そういうものをポンと飛び越えた位置にあります。
また、リーディングで過去現在未来などの時系列のスプレッドに用いた場合は、自分の学びの核心がどのように発生してどのように動き、どのように未来へ続いていくのかを見ることができます。
つまり、このカードは本当にその人にとっての今この時の「核心」部分だけをストレートに抽出したものを伝えてくれているカードなのです。
全く余分がなく、足りない部分もありません。正に「過不足ない」カード。ハマる人にはこれ以上心強いカードはないでしょう。守備範囲もがっちりしていて、万能タイプです。それはこのカードが常に「核心部分」だけをカバーしているからです。
但し、分からない人にとってはあまり「親切」なカードではないとも言えます。あれこれいちいち言葉にして説明する類いのカードではないからです。真実に対して自分自身が追いつかない限り、このカードはどうにももやっとしたままかもしれません。
しかし、追いつく方法はもちろんあります。じっくり焦らず、大天使になった気持ちで自分を長い目で見ながら使っていくと、不思議な愛着の湧いてくるカードでもあります。


○使用に向いている人
上にも書きましたが、スピリチュアリティが既に人生と生活の全てに根付いているぐらいの人(自覚のあるなしに関わらず)ならば実に快適に使えるカードです。なんてよく出来てるの!と驚嘆することでしょう。一見ふわっとしたイメージ系に見えるカードなのですが、その実、自分を理解している引き手にしか解らない、深く的確なメッセージの伝え方をするからです。
そうでない場合も、「考える前に行動しちゃう派」の人も習得が早いと思います。その場合はカードを引いて朝は抜き書きせず、夜の振り返り時に抜き書きや照らし合わせをして自分なりのデータを蓄積していく作業を徹底するとよいでしょう。
というのは、大天使オラクルが抽出してくるその「コア」はあまりにも「コア」自体だけを純粋に抜き出しているので、よほどスピリチュアルな考え方に馴染んでいるか、よほど追い込まれた状態の方でしかも前向きな考え方ができる人でないと難しいのかもしれないのです。
分からない人にとっては不親切なカード、しかし分かっている人にとってはこれ以上分かりやすく、行動しやすく、具体的なカードは他にないというほど使い勝手のよいカードです。
全くクセがないので、クセをとっかかりに物事を理解するタイプの人にはつかみ所のないカードに見えるでしょう。


○使用・併用方法
・さすが大天使というべきか、シンプルですぱっとしていつつも、大胆で迫力ある感じよりはむしろ凄く優しい包み込むような雰囲気に溢れているカード。このカードから圧迫感を感じる人はそんなにいないかもしれません。圧迫感が欲しいタイプの方はピンとこないかも。
デイリーにもマンスリーにもウィークリーにも、急場の時も長期的なリーディングにも、何にでも使うことができる、オールマイティーな守備範囲を誇ります。なので余計、使う側がきっちりと意識を高く持ち、今何についてどのように質問しているのか、どう受け取ることができるのかについて意識が研ぎすまされていた方がいいかもしれません。でも、ふんわり雰囲気で受け取っても悪くないと思います。本当、「大天使そのもの!」と言える性質のカードなのです。
大天使になったつもりで、細かいことはやいやい言わず、しかし「核」となるメッセージをがっしり受け取るよう意識して使いましょう!

・考えられる併用方法としては、例えば大天使カードを1枚引いて真意がいまいち掴めないと感じたとき、もっとこれについてのディティールや角度を変えた見方を教えてください、という質問をして他のデッキを使ってみる、というのはよい方法だと思います。このシンプルすぎるメッセージが含む意味をもっと多角的に知りたい、という使い方です。種類を変えて、天使系ではないカードを使ったりすると分かりやすいかもしれません。ユニコーン、妖精、マーメイドなどもいいですし、動物がたくさん出て来るカードですとか、アセンデッドマスターとか。いつも使ってるカードと常に併用しながら大天使に慣れていくことも考えられます。
もしくは真逆に、他のカードデッキを使っていて「このカードの雰囲気が掴めない!」というような時に大天使を引いちゃう、というのもアリかもしれません。チャクラ色にもわりと対応した作りになっているので、雰囲気を掴みたい、みたいな時は大天使はパッと見て分かりやすいのです。
 どちらの場合も、コツは、1枚に対してもう片方のデッキを使う…というところでしょうか。大天使の一枚の他のカードの数枚、他のカードの1枚に対して大天使の数枚、みたいな。数枚と数枚を合わせると、どこに焦点を合わせたかったのか解らなくなり、混乱するかもしれません…。試してみてください!


○使用する上で分かりにくいかもしれない点、このカードが苦手な方
ここまでにも出てきますが、このカードは「コア」「核心」を見失うとよく解らなくなるカード。ワークショップなどでもよく聞かれるのが、圧倒的に「なんだか分かりづらい」「なんとなく何が言いたいのか分からない」という感想です。
更に言うとこのカードは、右脳派さん・左脳派さんどちらに向いているという区別がありません。強いて言えば、多分左脳だけでなんとかしようとすると絶対に無理で(つまり文字だけで解ろうとしないことが大事)、右脳でなんとかする(こんなことを伝えたいのかな?とイメージで考える)方がまだ可能性があります。しかし基本的には、カードを引いた時点で解らないからもうイヤだ、という付き合い方をしないことが肝心です。分かりづらいと感じる時は、上のような併用方法も含めてですが、基本的にはカードの中からそれを読み取ろうとするよりも、スピリチュアル系の本などをどんどん読んだり、生活の中で実戦する方を頑張った方がずっと早いと思います。
まとめると、このカードを使いこなすのに必要なのは、普段のご自分の人生における精神的な修養や理解であったり、行動する方です。行動から逆算してカードの本当のメッセージを理解していく方がずっと効率的なはずなので、何かしら上記に挙げたような行動を起こして理解していくとよいでしょう。


◎最後に
とにもかくにも本当に大事なエッセンスだけがしっかりと詰まっていて、しかもふんわりとした軽やかさすらある素晴らしいカード。いつか全部のカードを解説するコンテンツをやりたいなぁと思うカードの一つです。
なんだか解りづらいのがイヤになって人にあげちゃった!なんて話もけっこう聞くカードなので、その度に「あらーーーーも、もったいない!」と叫んでいます。(笑)美しいイラストからもいっぱいいっぱいパワーがもらえる、とてもすてきなカードです。最初は「雰囲気モノ」扱いでもいいじゃないですか♪何年か越しに持っておいて、ある日急にピンとくるというのは、ご自身が成長されたからなので、ご自分の変化を感じられて面白いですよ。
このカードはいずれにせよ、持っていて損のない一品だと私は思います。

アセンデッドマスターオラクルカード

2015.02.21 08:55|オラクルカード紹介集
こんにちは!
今日はアセンデッドマスターオラクルカードのデッキ解説をしてみたいと思います♪


アセンデッドマスターオラクルカード日本語版説明書付(新装版)アセンデッドマスターオラクルカード日本語版説明書付(新装版)
(2014/04/07)
ドリーン・バーチュー

商品詳細を見る


◎特徴
・大胆、力強い、ユニーク
・常に行動を促す
・毅然と行動する人・したい人や、指導者的立場にある人へのサポートが特に得意


○デッキ解説
人を導くという意味では、アセンデッドマスターたちは実際に地上に生まれ、人々を導いてきた「指導者」たちや、母親のように見守ってきた存在、もしくは八百万の神的にこの地上を作ったとされる神々で構成されています。
このカードは、誰もが持っているリーダーシップを養い実践する生き方、前向きに行動を続け、態度で示し、自らの内面とじっくり向き合って、自分も他者をも同等に尊重し愛する生き方に寄り添ってくれるオラクルカードです。

人は誰もが「リーダー」ですし、その自覚を持って生きるべきなのです。
そうでないと、自分自身の人生の決断(どんなに小さな行動に関する決断でも)という、絶対に他者に譲ってはならない権利を誰かの手に任せ、あまつさえ結果をその人の責任にしてしまおうとすることすらあります。私たち人間はとても弱いので、常に「責任を負わない方法」へと流れやすいのです。これが、俗にいうエゴの声です。その弱さの連鎖を自分のところでしっかりと食い止め、前向きな流れに変えていくために必要なのは、決断と行動です。
自分と優しく向き合い全てを受け止め、意図を浄化してはっきりさせ、それの基づいてなすべきことを為し、その上で細部の流れを全て天に委ねて手放す、という行為が「天命に生きる」(Life Purpose)ということです。大きな規模であれ小規模であれ、人生とは全て、この繰り返しなのです。

そのように生きることについて、アセンデッドマスターカードは、ある人にとってはこうしたカード一枚で「ぱちん」と切り替えてしっかりした意識に戻す目覚ましのように働くでしょうし、ある人にとってはある種の苦痛を伴いながらも少しずつ実践して試していくことかもしれません。どちらにせよ、あなたはこのカードを使い続けることで、「真に前向きとは何か」を導く……つまり自分こそが自分自身を導くリーダーであると気づくこと、そして他の全ての人々もそうであるということを尊重し、この資質に栄養を与え、育て上げ、実行に移していけるように自分を鍛えていくのです。


○使用・併用方法
・他のカードデッキを引いていて"Leadership"というカードが頻発する時などに補足として使うと、非常に分かりやすいかもしれません。具体的に何をしたらいいんだろう?どういった面が今の自分には欠けているのかな?今取るべき行動のアドバイスが欲しい!といった質問をするのにとてもよいです。
・それから、例えば一つのプロジェクトを手がけたり参加している時、その進行の中であなたが取っていくステップの流れを知りたい時などに、時系列で進行を見ることができます。一枚ずつ、過去、現在、一ヶ月後、二ヶ月後、三ヶ月後……ですとか、一週間後、二週間後……または、3日後、一週間後、一週間半後…などでもいいでしょう。自分できちんと「このぐらいの間合いで知りたいです」とカードにお願いすれば、そのように出してくれます。
・大胆系のカードなので、大まかに流れを見たいマンスリーやウィークリーのリーディング、人生の節目などにも使いやすいです。朝引いて今日守護してくれる存在を聞き、サポートをお願いする使い方にも最適でしょう。


○使用に向いている人
・通常で言うと、監督や教師、カウンセラーなど、「指導する立場」にある方は生理的にしっくり来るようです。他者への対し方ではなく、他者と対する「自分」のメンテナンスに向いているのです。
そうではない立場の方でも、誰にも何もアドバイスする機会がないということはないでしょうから、自分自身の健全な主張方法、行動で示し、穏やかであり、常に自分にも他者にも正直に接し、決定し、行動して生きていく立場を養っていくのに最適です。
男性性の自分が弱いと感じる方、苦手意識を感じている方にも。最初は「キツい」と感じたり、強すぎると感じることもあると思いますが、毎日一枚だけ手に取ってみてください。そのうち、アセンデッドマスターたちの力強さは、膨大な量の優しさと愛情に裏打ちされていることが、きっとあなたにも伝わってくるはずです。
・それから少々裏技ですが、例えば神道・仏教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒などの方にリーディングする時、このカードだけは大丈夫、という方も結構多いです。自分の宗教やジャンルに関係する神様ばっかり出る、なんて方もいらっしゃいます。または特定の宗教を嫌う方や無神論者・無宗教者、「キリスト教的なものはどうも受け付けない」と感じる方などでも、これだけはすんなり入ってくる、という方も多いです。同じ人間だった存在が多いカードだからでしょうか?それと様々な存在の多様性も、このカードの受け入れ幅を広くさせていると思います。もちろんキリスト教的なものが大好きな方やクリスチャンでも安心して使えます。世界には優れた指導者がたくさんいて、私たちは全ての存在から学ぶことができるのです!敬愛し、尊敬して、アドバイスと守護を願うことに、宗教・無宗教の壁はありません。
地球とは本当にユニークな星ですね…!


○このカードを使う弱点?
かなりオールマイティなカードではありますが、特徴として常に行動を促すので(ゴーサインであれ、休息であれ)、行動を起こしたくない時期や決断したくない気分の時には嫌な気持ちになったり、そもそもこのカード自体に触れる気が起こらない人も多いでしょう。大丈夫です。そういう時もあります。無理せず、繊細な優しいカードに切り替え、しばらくアセンデッドは置いておきましょう。
これは人に対しても同じで、例えばお友達やクライアントへのリーディングの時、その人が大胆に踏み込んでくるもの…それが愛であろうとも…を、受け入れられない状態にあったり、強そうなものを避けたいようでしたら、もしあなたがこのカードが最も得意だったとしても繊細な優しいカードに切り替えて、このカードはどばーんと一枚だけ出すのに止める、といった感じで使うとよいでしょう。


◎最後に
オラクルカードは「曖昧だ」と批判されることがありますが、このカードとメッセージを見ても曖昧だと感じるならば、それはあなたが自分自身に率直になりきれていないのかもしれません。目を背けたい部分があるのかもしれません。私が思うに、このカード以上に明晰で、行動を促すカードはないように思います。それほど、「愛と行動」にフォーカスしたカードなのです。
大きくて、優しくて、ユニークでお茶目な力強いマスターたちと、是非接してみてください!
慣れてしまえば、使いやすくて面白く、「さて自分がこれをどう解釈して動いていこうか」と楽しく考えることができます。
常に支えてくれるマスターたちに話しかけ、行動し、一日を与えられたことに感謝の祈りを捧げましょう。
| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile

Yukiko(WHR)

Author:Yukiko(WHR)
誠心リーディングの会(WHR)を立ち上げ、オラクルカードリーディングセッションやティーチングセッション、オラクルカードリーディング基礎講座、エーテリアルクリスタルヒーリングを提供しています。
本職はイラストレーター&画家(ウェブ)。チェコ在住。

リーディング@ココナラ

 

スピリチュアルカードリーディングを提供します 心に、愛とげんきとバランスを。 スピリチュアルカードリーディングを提供します 【スプレッド使用】パワフルロングリーディング 安らぎと愛のヒーリングメッセージをお届けします エクスプレス・ワンオラクルヒーリング【深夜対応・90分以内】

Category

Resent Entries

comments

Link

ゆきこtwitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ