ガスボイラーと私

2018.02.08 21:38|日記。
IMG_8123.png
ガス修理屋さんがくる前日のゆきこさんの固い決意をご覧ください。(無事入れました)



先月末にチェコに戻ってから1週間後、またしてもガスボイラーが壊れました。
もう、笑ってしまった。。
9月にひどい目にあったのでもはや動じることもなく、淡々と進めましたが、9月の苦難があったおかげで良い業者さんも見つけることができていたのでまた彼に来てもらったら、なんと9月に故障して取り替えた部品がまた壊れているとのこと。
保証期間内なので無償で新しいものを取り付けるといって、その二日後にやっとまた新しいものがついて、再びボイラーは動くようになり、真冬に暖房なしで放り出されることもなくなんとかなりました。

で、直った後、なんでボイラーまた壊れたんだろ。と考えてました。自分と外界とは常に何らかの理由でリンクするからです。
何に同調したんだろ。何がボイラーをそうさせたのだろうなと。
(自分が全部の理由だとはもちろん考えていませんが、何かしらの学びがあるだろうと考える、いつものやつです。)
うちのボイラーは、設置してから8年目。去年4月に大規模に水漏れが起こり、中身をほとんど総入れ替えしました。なので、ほぼ新品と言えるような状態でした。しかし半年後の9月にメインコンピュータのような箇所が故障した。そこを取り替えた、それがまた壊れたのです。全体の調律がうまくいっていない、まだ新しい体に馴染んでいない…。外側は今までと一緒だけれど、中身はまったく新しくなった自分自身に、機械の動きがちょっとまだうまくついていけてない。けれど、そこさえ直れば他はまったく問題ない……。という感じなのかな…と、
そこまで考えて、ハッと「え、今の私自身じゃん」と気付きました。そして笑いました。。

何かで書いた気がしますが、2017年は私にとって「明るい地獄」でした。
地獄の原因が分かっているので、今は耐えるしかないと分かっていました。耐える時間は楽ではありませんでしたし、どうしてこんな目に?と思うことだってあったけれど、根本的には全ては快方にしか向かっておらず、全ては根治へと向かっていると、すべての経験が物語っていたので、私は笑っていられました。だから「明るい地獄」だったのです。
そしてそれは今思えば、外見ややっていること、仕事内容などの「外殻」はすべて同じなまま、中味の方向性が今までの生き方や捉え方からは完全に180度真逆の方向、つまり、完全に「前」を向いた生き方へと変更したということだったのです。
過去の迷いや未練などを振り切らなければ前に進めないと、去年の全ては示しており、私は喜んで過去を捨てると宣言し、その通りに一歩ずつ前へと歩み続けました。そして2018年はしょっぱなから、素晴らしい機会に恵まれました。私はこれまで苦難や苦労という数多の経験のおかげで、センサーが磨かれ、何をすべきか、何を誰にどう伝えるべきか、もう間違えることはあまりないだろうと分かりました。それを喜びを持って、かつ淡々と実行し続けていっているのが今です。
それは、自己否定や自分への疑念を捨てない、今までの暮らし方とは全く別のものです。方向性が変わったとかいうのではなく、もはや、全く新しい自分と言ってもよいレベルのものだったのです。同じ部品を、ただ新品に取り替えた。ただし私という存在は変わりません。ですから、中味のほとんどを新品と総とっかえしたガスボイラーと、同じような状態だったのです。

ボイラーの寿命は15年ほどだそうで、このボイラーがどうなるにせよ、次の故障が起きたら買い換える、と大家さんは言っています。それは数年後かもしれないし、早ければ数ヶ月後かもしれない。まだ誰にも分かりません。いずれにせよ、ひとしきりしたらこのボイラーは、過去自分がこうであったことの痕跡も残さずに、人の目には「その部屋のボイラー」というだけの隠れた存在がまったく新しく変わったという状態になるのでしょう。
ボイラーは、人間で言えば…。情熱の泉。愛の涌き出でるところ。動力源。体を動かす熱源。エネルギー。そんなイメージでしょうか。家をめぐる水を暖め、それによってセントラルヒーティングシステムの家の中をあたため、また蛇口から出るお湯を作ります。部屋が暖まれば、寒くて固まっていた体は動きます。全てが命をもち、動くことができます。好きなもの、大切な気持ち、インスピレーション、己を突き動かすものを知りそれに素直に動くこと。ご飯を食べるのもお風呂に入るのも仕事をするのも友達に会うのも、全部同じ原理です。理性や計算は、この足元にも及びません。…私の持論ですが!

今、自分の人生もそのような状態です。
愛が私の血を暖め、与えられた学びは花となって開き始めました。
不思議な気持ちです。
ボイラーの行く末と、私の成り行きを引き続き見守りたいと思います。:-)

明けましておめでとうございます!

2018.01.04 19:05|日記。
IMG_7551.jpg


あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い致します。
私は約5年ぶりの日本の実家でのお正月を過ごし、環境の違いに衝撃を受けつつ、母の手作りおせちフルセットを久々に味わいつつ、順調に体重を増やしつつ(?)、週末の本業の方でのパフォーマンスイベントに向けてごりごり内面を練っておるところです。

年明けから、来週のイベントのご連絡の方もしたり頂いたりしてまして、いよいよだなという感じです。
金、土とも当初の予定通りの内容で開催が決まりました。お申し込みの方には順次ご案内しております。
まだまだ空席ありますので、ぜひご参加いただけましたら幸いです…!


さてイベントに向けて、私も年間リーディングをしてみました。
ふふ……女神さまで……そして内容この通り。

IMG_7569.jpg

ふふっ……!てなる内容なんですが(個人的に)、
そういえば、さっそくDIANAさん出てますね。(笑)
この通りになれるように今年も頑張りたいです。

IMG_7575.jpg

つづいてマンスリーも女神さんでしてみた。
いや〜〜〜〜出たね!一年の間でもそうそう出ないでおなじみ、どかーんと変化のKALIさん!(KALIの解説回ってありましたっけ?まだ?)
まあ、そんな予感と実際そんな感じがもうビシビシとしている年始ですよ。未知って感じだよね。なんかもう何も守るもんないから何でも来いや……!てなってます。根が格闘家なので。(久々にあったまりこふがインド占星術してくれて、そう言ってました。笑)

来いやーー!な2018年、今年もみなさんにとって最高の年になりますように!
私ですか!?私はサイコーですよおぉ!!!うおおおお!!!←

というわけで今年も燃えています。よろしくお願いします♪🌙

メリークリスマス!

2017.12.25 02:55|日記。


昨日投稿したものです!
メリークリスマス♪

私は無事、日本に着きましたが、日本の冬が久しぶりすぎてしばらくカルチャーショックを受けてました。(まだ受けてます。笑)
セントラルヒーティングに慣れてしまっていたため、朝服を着る時に服が冷たいのでうわっ!てなりました…。そういえばそうだった…。

1月のイベントですが、とりあえず無事当初の予定通りの講座&WS開催が決まりました。
まだまだご参加受け付けておりますので、奮っておいでくださいませ…!
今回はやはり個人予約を受ける時間が取れなさそうです。また次回…!

あ、それと「ガチ勢向け」という単語に「私は…ガチじゃないから‥むしろ怠けてるから最近‥」てお問い合わせがあったのですが、むしろそういう方のために企画したつもりだったので…!伝わってなかった。。
私がガチすぎてそう思われてるのかもですが、オラクルカード大好きパワーの影響受けに行くぐらいのつもりで来ていただけたらちょうどよいと思います…!全然!
もちろん普段から乗り気な方も。。
お待ちしております! :-)

甘すぎないケーキ作り

2017.09.03 20:41|日記。
全くもって唐突なのですが、ここ半年ぐらい、人生で一度も焼いたことのなかったケーキを焼き始めたんですよ。
『こちらの甘すぎるスイーツが無理&朝食には甘いものを食べて糖分補給したい&朝は手作りのものを食べた方がほっとする=朝食+間食用にケーキを手作りする』
っていう経緯と結論で。

IMG_5721.jpg

元はといえばこちらのカッテージチーズが好きすぎて、自分でも作りたかったのを、友達にどの種類を買うべきか聞いたおかげで突然チーズケーキ作り始めて、今ではさらっと作ってます。
といってもチーズばかりじゃ飽きるので、チョコレートチーズケーキにしたり、オレオぶっこんでパイ生地で焼いてみたり、でまぁやっぱ飽きるので全く違うガトーインビジブルとか作ったりしてる間に今に至る。

IMG_5520.jpg

全粒粉入りバナナケーキ。うます。

IMG_6657.jpg

こちらはごく最近、間違って買った「チョコレート生クリーム」を使って簡単にパウンドケーキ作れないかなと適当にやったら美味しく作れたやつ。
ほんまに美味しかった…。
あと、生クリームコーナーに、あらかじめチョコレートをしっかり溶かし込んで、泡だてたらすぐチョコレート生クリームが作れるようにしてある生クリームを売っているヨーロッパよ…。どんだけ…さすがです…。まさかそんなの売ってると思わなかった………便利じゃん!!!!!!(ありがとうございます)


・で、何が言いたいかというと、「甘すぎない」について語りたいんですよ。
普通に味の話として。笑

研究の結果、私が「甘すぎない&飽きずに毎日食べれる」と感じるのは、一つのケーキに糖分50gまで、ということが分かりました。
わりと一般的な大きさのケーキ型(18cm)やパウンド型(20cmくらい?)だと、小麦粉1カップ(110g)またはカッテージチーズ250gなんですけど、それに対して糖分が総重量50g前後だとうまくいくようです。

ただし、50gは必要最低限なため、この50gを例えば全部はちみつでまかなってしまうと、健康的すぎて「甘いもん食ってる感じがしない‥」という。なんかこう、食べ応えとか満足感が足りないので、一個余計に食べたりするわけですよ。これは私の求める食事効率ではない。一個で済ませたい。。一切れ食べて満足したい。
かといって甘すぎると、ホールケーキを一人で1週間ぐらいかけて黙々と食べてる間に、飽きるというか、疲れるんです。「あーもーあかん甘すぎる…」てなる。これは多少なりとも自分の内臓に負担がかかってるという証拠で、これも嫌、避けたい。
でわかったのが、「不健康な砂糖も少し混ぜると満足感が増して安定する」ということ。
健康的なものに、ジャンク要素を少し入れ込むことで、満足感と質量が安定するようです。
私の場合は、グラニュー糖を食べると気分が悪くなるし、三温糖は好きだけど溶けづらかったりなので、少し質のよい雪のような粉砂糖を使うことにしました。これだとどういうわけか、胸が悪くならない。(でもちょっと安めのお徳用のを買ったらちょっとダメだった。割高だけど元のに戻そう…。)


・で、例えば、バナナケーキやガトーインビジブルは、しっとりしてOKなので、はちみつを使います。
自分で計量とかいろいろ工夫した結果、はちみつ大さじ2+粉糖大さじ1が黄金比。
フルーツも入ってるしで、自然な甘みと満足感がバッチリきます。
そしてチーズケーキ、パウンドケーキ等は粉糖大さじ5でいいです。これだと45gなので、最後の1杯を少し大盛りにすればいいですね。しなくてもいいです。( ´ ー ` )
三つめのお手軽チョコレートパウンドケーキも、大さじ5で作りました。ジャストでした。

あとめんどくさがりさんに朗報なんですけど、ドライレーズンやラズベリー、戻さなくても最後にぱらぱらってして焼いても案外戻ります…。完全にじゃないので、ふにふにのを食べたい人には向きませんが、ある程度ドライでいい+味にアクセントつけばいいっていう人にはお勧めです。
私は楽がいいので、お湯で戻す手間すら省く。ふははは。
ちゃんと美味しいです。はぁと


・ところで、どうして「50g」なんていう微妙な数値にたどり着いたかというと、やっぱり根本的に、こちらで生まれ育ったわけではないので、こちらの素材や食生活だとどんぶり勘定でエネルギーの計算ができない、というのがあると思います。
日本にいて、日本の食材や調理法で作られたものであれば、ある程度適当に食べてもそれほど体調崩しません。
しかし、こっちに長く暮らしているとどうしても、微妙な差が体調に現れてきます。
今、皮膚などにも出ていますが、内臓的にも、ほんの少しの%の差とかグラム数の差で、すごく美味しく心地よく感じたり、逆にすごく負担や疲れを感じたりするようになってきました。ずっとそうではあったのですが、住めば住むほど、その違いをはっきりと自覚するようになりました。
私にとって今、この微妙な数値や品質の良い悪いをきちんと調整することが、何よりも大切なのです。
体や心が「満足だ」と感じるとき、私は正しいものを食べていますし、「違う」という感覚を無視すれば、違和感は体調にも精神状態にも現れ、なんとなくうまくいかなくなります。

なので、実はもっと微妙なこともしていて、例えば夏モードに体が入った瞬間、それまで普通に飲んでいた乳脂肪分3.5%の牛乳が重くて飲めなくなりました。(笑)なので、いつもは飲まない1.5%の牛乳(それでも十分満足)を飲み、少し足りない時は3.5牛乳とブレンドして、その日の体調で欲しい乳脂肪分が違う、というのを実感してました。
そして、8月末から既に涼しいというかちょっと寒くなってくると、体は秋モードに突入したようで、突然1.5%牛乳を不味く感じたため、もう今は3.5しか飲んでません…。
これと同じく、小麦やお米なども、「本日の小麦メーター」みたいなのが体内にあって、「小麦、足りた!」「もう乳脂肪分入りません!」「今日はお米が足りないので食べてください!!」と、内臓が全力で自動でサインを出してきてくれますので、それに従ってメニューを決めてるのですが、……これって私だけなんでしょうか……?(・ω・)
とにもかくにも、私の最近はこんな具合なのでした。。
面白いし便利だから、これからもこれにしっかり従っていきます。


・今回はとりあえず「研究の結果、50gだった」ということだけを書きたくてお伝えしました。笑
こないだまで来てた母に、朝食用にちゃちゃっとチーズケーキ作ってあげたら、おいしいって喜んで食べてくれて、よかったなぁ。
旅行から帰った次の日にぺぺぺっと用意してたら、後で「上手いもんだね」と言われて、料理上手の母にそんなこと言われたら、光栄ですねぇ…へへへ。


・さて!
旅行からとりあえず帰ってきました!!!!
こういう純粋な旅は久しぶりで、母と一緒に旅行できたのも楽しかったし、
全くそういうつもりじゃなかったのですが、けっこうスピリチュアルな旅になりました。
久々の旅行記をまたちょこちょこ更新していきたいと思います!
ちょっと疲れたけど、楽しかった……!本当にリフレッシュになりましたし、軸を取り戻すきっかけになった。
旅行は休息なんかじゃない…と思いました。睡眠と同じで、脳みそに詰め込まれたものを消化するために絶対必須な時間なのだと痛感しましたね…。デフラグ除去。

ではーまた♪

FullSizeRender.jpg

ふーむ

2017.04.03 12:26|日記。
まだね、考え方の再構築中なのですが、とりあえず現時点で分かったことがちょこっとあるんですよ。

私は、常に自分に200%を要求していたのだ。
そして普段の努力や頑張りはマイナスでカウントしていたのだ。

いや、あの
天然で。

と、いうわけで軽いいまとめ;

_人人人人人人人人人人人人_
> YUKIKO超会議2017春 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


問題提起その1
◯自分が働く際に常に自らに200%のパフォーマンスを要求する
◯できなかった暁には300%のストレスを感じる

・これにより何が起こるか
1. そう出来た場合
周り:すごいねー!!
自分:まぁこれならOK、普段大して出来てないんだからここぞって時ぐらいやってもらわないと
(内訳;200%ー200%=0)

2. そう出来なかった場合(例えば100%か120%など)
周り:いや充分できてるしすごいんだけど、何が不満なの?
自分:もういやだしのう(内訳;200%ー300%=ー100%)

・結果
自信の在庫が常に赤字状態

・考察
- 生来、瞬間に集中して燃え尽きてナンボという気質が根っこにあり、自分基準で何事もどう少なく見積もっても200%を出し切って死にたいという願望が奥底にありまして、200%をデフォルトの満足線としてカウントしている部分がある。
普段、家で仕事していても、クセで出し切ろうとしてしまう。そしてわりとやってしまう。(なんか100%だと残尿感というか、やったの?やったのコレ?みたいな)(でも100出したのは体の感覚ではわかってるんだよね)
そして100を超えて出し切ると体力気力等の在庫がなくなるので、ここらへんは常にギリギリ状態。そこでまた、なにくそ自分なんかに負けるか!と思うので、また絞り出す。ジリ貧。しかもそれが自己評価に繋がってなかった(好きでやってると思ってたので…)(まぁある意味そうなんだけども、意味がズレてんだよなぁ…)

・改善方法───生活バランスが「100%」になるように、そして200%の心積もりをしないように気をつけましょう。
100を超えたら休憩するようにしましょう。💮

今、とりあえず2日間ですが、今現在の体力気力総合値における「100%」を超えないよう、気をつけて過ごしています。いいですねこれ……!(ドヤ顔)


問題提起その2
◯自分が好きで頑張っていること全部が自分にとっては当たり前のことなので、すなわち自分は無価値であり頑張っていない、と定義したまま生きていることにより、自分のしていること全てを根本的に否定していることになる
◯外国で夢のために奮闘しているという努力・ストレス・重圧のことをあまりに自分で理解していなさすぎる上に自分に求めるハードルが平均して高すぎ(200%問題を参照)、その上どうやっても比べようがないほど他人とは違うレールの上を歩いてるのにその人達と比べて自分が持っていないもの、出来ていないことを数えるため、低い自己価値のレッテルをかなり無造作に安易に自分に貼ってしまう
◯努力してますアピールとか大変なんです報告とかを人に言うのが死ぬほど嫌いで、てやんでぇ、しゃらくせぇ!と江戸っ子ばりに意地を張りたい性格であり、ついでに大変だと感じている自分の心も封じ込める。やったね!やりすぎだね!そういうとこだよ!

・これにより何が起こるか
- オーバーワークになった瞬間に高熱、目眩、首肩ギックリなどの強烈なダウンを起こして心身がストップし、自分のすべきことができなくなって常に赤字在庫の自信は完璧に霧散し地の底まで落ちる
- そしてそれをまたマイナス計算するのでやはり自信収支がプラスになることはない
- お得意の意地も張れなくなって残念この上ない(意地の分残しとけ)

・結果
自信って何ですか?
自分の何が価値あんの?てなる。

・考察
- 自分がありのままでいること=自分が頑張っていること全ては自分にとって当たり前のこと=つまり人さまにとって役に立たず無価値であるから褒めるには値しない という謎の道筋を経て自己価値在庫をマイナスに落とす、のループだったんですけども、途中まで合ってるんだけどな。なぜそこでそっちに繋げた?
- 自分が自分でいること、自分の使命を一心に追っていることを自分に分からせる努力をしないとバランスが崩れまくるし、自分を大事に思い価値を見出してサポートしたり見守ったり信頼していてくれる全ての方を結果的に軽んじることになってしまう。それは絶対だめ。
- 自分はまず、わりと珍しく人口の少ない形での使命を持っていて、そのことについて全く妥協せず自分なりに突き進んでおり、誰か他の人の使命や進行手順と比べることなど全く不可能であって、自分はありのままで100%頑張ってるというだけでちゃんと価値があるんだよ、というのは、言われても言われれても正直全然分かんなかった。それを受け入れきれないまま、来てしまった。(今回、母とその件について話して、ようやく理解するに至りました)

_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> 当たり前=無価値 では全然ないって気付こう <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

・改善方法───あ、自分が自分でいる時点で、相当頑張ってるってことなんだね…。(37年かけての理解)



ふぅ。さて、とりあえずここまで。
続きをまたリポート(?)します。
先週肩をやり、今はそろりそろりと回復中です。
幸いなことに、友人たちが本当に助けてくれています。感謝。
| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Profile

Yukiko(WHR)

Author:Yukiko(WHR)
誠心リーディングの会(WHR)を立ち上げ、オラクルカードリーディングセッションやティーチングセッション、オラクルカードリーディング基礎講座、エーテリアルクリスタルヒーリングを提供しています。
本職はイラストレーター&画家(ウェブ)。チェコ在住。

Category

Resent Entries

Link

Twitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ