繊細さと喜びの大切さ。

2012.11.30 22:07|日記。
こんにちわ!
皆さん、お元気ですか?
東京の方も、ぐっと寒くなってきたと聞きました。
プラハも、めっちゃ寒いです…!
普通に日中の気温が2℃ぐらいです。。
これから、どんどん下がるわけですが、なんとか凍え死なずに生きていきたいと思います…(笑)

IMG_0203.jpg

そろそろクリスマスが近づいてきています☆
もうそろそろ、中央の旧市街広場には、クリスマスマーケットが出だす頃。
沢山の屋台が出て、食べ物から雑貨まで何でも買えて、クリスマスならではの光景が広がります。
無宗教者が人口の6割のチェコのくせに、クリスマスは盛り上がります。(笑)冬至の日だからなのかなー、となんか勝手に思っております。
広場に設置される巨大なクリスマスツリーもすごくきれいなんです。今年はどんなイルミネーションになるんだろ!またここにもアップしますね。


こっちに来て、学校が始まってから早二ヶ月。
本当にいろんなことがありました。
英語圏じゃない国で、英語しか喋れないっていうのは、殆ど意味をなさないんですよね。。チェコ語のクラスも大学で選択できるんですが、初心者でもなく上級者でもない私は、時に授業中に分からなすぎて悔しくて涙目になることもしょっちゅうで(笑)なんとか食らいついていってるうちに、最近、なんか「ん?今、分かってたな…」みたいなことが増えてきました。いや、まだ全然ほんとに分からないんですが……。カタコトで喋り始めるのが、大体三ヶ月目ぐらいからみたいですね。。最近、とっさに出る言葉がチェコ語になったりしてきたので、少し学校や街中で、コミュニケーションが取りやすくはなってきました。
などという段階で家を借りなくてはいけなくなり(笑)。いや、やっぱり20歳ぐらいの、半分遊びに来てる…といっては失礼かも知れませんが(20歳やそこらで、半年ぐらいとはいえ海外に一人で来て寮で暮らしながら大学で学ぶなんて、それ自体はすごいエラい!私には出来なかった!って思うから)、でも、ほんとに今からの人生を賭けてこっちに来てる32歳の私と彼女たちとでは生活態度がかみ合うはずもなく(笑)ヤングたちのワイワイした生活と、片付けても掃除してもすぐにカオスになる汚い共有スペースに、遂に制作も勉強も何も手につかなくなってしまって、まぁ普通にパニックになりましてね。二日間ぐらい、一日中涙が流れてました。人間ってこんなに涙出るのか、ってぐらい泣いてた。それで、「あぁ、こりゃもうダメだな」と。だいぶ前から物件だけは調べてたんですが、一人で物件借りるなんて、大丈夫か‥という不安や、単純に学校が物凄く忙しいので出来なくて。でも、もうダメだ!ってなって、本当にストレスで死にかけながら物件サイトを見てたら、見つけたんですよね…。最高の物件……(笑)ちょっと、目が覚めるぐらい、いい物件でした。。あぁ、これは、そういうタイミングなんだ……と、ぼんやり思った。
で、まぁ今、いろいろとコンタクトを取ってるとこなんですが…なにせ、チェコ人。英語で何通出しても返ってこなかった返事が、なんとかかんとかチェコ語で書いたメールには速攻で返事が来たりする。くっ…そー。w 住めるかなー、どうかな。内見に行ったんだけど、それはほんとに気に入ったの!まぁなにせ、いろいろだす。契約に関して、チェコ語を話せる親友夫婦が手伝ってくれてはいるんですが、彼らも多忙。思うようには進みません。かといって、一人では進められない。でも、誰かに手伝ってもらいながら、なんとかしてやりくりしていきながら物事を進めるの自体は、悪くない、むしろより良い事かもしれないとも思っています。
私は、何かといえば一人でやりたがる性格。典型的な利かん坊。。自分で全部やって、君はカンペキだね、いい子だね、すごいねって言われたい性格なんです。。でもね、そんなのムリ。なんだよね。分かってるんだけど、なかなか古い習慣を捨てられないみたい。自分でも「厄介だな、これ!」と思いながら、もちょもちょやってます。。
自分でも、ほんとによく分かってるんだ。何がどうなってるか、どうしてこうなってるか、これからどうしたらいいのか。それでも、どうにもならなかったりもする。待たなくちゃいけなかったりもする。でも、自分に優しくするしかないなって、思う。誰だって、「この世で一人きりの大事な自分」。自分で大切にしてあげて、理解してあげてさ。安心させてあげながら、チャレンジを鬼のように繰り返して成長していこうってわけ(笑)ははは。チャレンジの手は緩めない。それが私。笑


IMG_0109.jpg


これまた夜の写真になっちゃったけど、有名な「カレル橋」の入り口にある塔です。
プラハは、とにかくすてきな街。
なんのかんの言っても、どんなに落ち込んで街を歩いていても、ふと目を上げたらこんなものがゴロゴロしていると、「あぁ、なんだかんだで、私は夢の国にいるんだなぁ」と思ったりするのです。

少しずつ、少しずつ、努力して。
毎日一つ、毎日一つ、何かを確実にしていって。
10月が始まった時は、とても未来なんて見えてこなかった。でも、嬉しくて、楽しかった。
その後、二ヶ月のただただ必死な地獄を経て(笑)
二ヶ月経って、ほんの少し、「着実に、一日一つだけでいいから積み重ねていったら、必ず結果がついてくるんだ」ってことが、少し見えてきつつあって。
そのことが、ほんとうに嬉しくて。
何もかもが、私には全く新しいこと。それは、怖いことでもあるけれど、全身全霊で泣いたり笑ったり怒ったり苦しんだりしながら生活していけている今という時間が、何よりも、何よりも、わたしには、喜びなのです。


IMG_0059.jpg

おお、そんなことを書いてたら、今その親友夫婦から連絡があり、契約書のチェックが終わったとのこと。
いろいろとおかしい点があったので、直したんで直接不動産屋に送っていいか?と言ってくれてます。
お願いします!
…それにしても、いろいろおかしいところがあったとは!(笑)うーん…。日本だろうがどこだろうが、契約が難しいのは一緒です。なので、普通外国人がここで住むとなると、シェアで住んだりルームメイト募集みたいなとこで探すのが普通なのですが、なにせ私でしょ?共同生活ムリなわけ。(爽)だって、ほんとにこの二ヶ月、制作に本当に集中できたことが一度もなくて…。よくここまでやってきたと思うよ実際。。まぁ、学校が始まりたてだったから、あくまでもスタートにすぎないということで、長い目で見ていこうという態度で学校側もいてくれたことがよかったとは思う。

あのね、精神的に最高に追い込まれてパニックになったのが、まだ先週のことなのですが。。
寮で集団生活してると、ゆっくりカードをやって自分と向き合うことも、なかなかできてなかったの。
それで、友人のツテで一人になれるところへちょっと無理言って間借りさせてもらって、一人になって、やっとパニックも収まってきて…。それでも人の手を借りることにうじうじしていた昨日、これが出たのです。

IMG_0210.jpg

今は朝に女神とデイリーガイダンスを一枚ずつ引いてるんだけど、この日の朝、特に刺さったのがデイリーガイダンスカードのこの一枚の、言葉だった。
「人にどう思われるかとか、手に入れるものを心配するかわりに、今の自分ができることを精一杯やりなさい。生来の才能、情熱、興味を意味あることに使うこと(=奉仕)に集中させなさい。常に喜びに満たされているようにしなさい。そうすれば、引力の法則で必要なものは全てもたらされます。」

背筋が伸びるような感覚がした。。そうだ、バカな妄想でモヤモヤしてる場合じゃない。私に与えられた祝福を、みすみすムダにしに来たんじゃないんだろう?今、新しいアイディアが沢山目の前にある。これをまず、全力で人に分かってもらえるようにやれることをやって、毎日地道にコツコツと制作をしていって、またアドバイスを聞いて。その生活のために、いろんなこと同時に頑張ってるんだろう?それを自分でおろそかにするのか?そう言われた気がした。
自分が今「良い」と思ってるものを、手に入れられるかどうかを気にしすぎてしまう。それと、大事な人たちにダメな子だと思われてるかもしれない、迷惑ばかりかけて嫌われるかも…そんなことに意識が行ってしまってる。この二つは、本当に私の悪いクセなのです。

女神はMAWUだしで、
「問題に膠着しないで離れなさい、ほら、地球はうつくしいでしょう。ね。」
なんて、言ってるみたいに思えた。
もちろん環境問題って意味もあるけど、その環境問題って言葉には「自分が今置かれている状況」っていう意味が絶対に省けない気がしてます、私は。何故なら、どんな奇跡も、まず自分の身の回りから行われていなければ、多分それはただの妄想にすぎないから。本当にそうしたいと思うなら、まず自分自身の生活から変えるはずなのです、人間はね。

そんなこんなで、もう、そうだ!自分自身の喜びに戻ろう、全力で頑張ろう。その他のことは、それに結果としてついてくるに過ぎない。と、気が引き締まりました。

パニックになって、涙を流して、一人になってから、やっとまた、天使たちとの会話を再開できたような気がしてます。実感として。
やっぱ、嬉しいことです。。
一人になったら、余裕もできて、「神さまが私をどこに連れていかれるのか、だよなー。私に出来ることは、限られているんだしなぁ。じゃなきゃそもそもチェコくんだりまでこねーし。」なんて、思えるようにもなりました。


この件には、無視できない個人的な問題がもう一つあって、それは「繊細な人にとっては、他人の存在や意識自体が、時に害になってしまうこと」です。
類は友を呼ぶ…なのか、私の周りにはそういう人が少なからず存在します。分からない人にとっては全く理解できない領域の話なので、過敏症とかいって揶揄されたりもするような問題なんですが、神経が非常に繊細な領域まで届くようになってる人間にとって、これは本当に人生に関わる深刻な問題です…よね。ただでさえ、都会は人が多すぎる。密集してる。他人が横で息をしてるだけで、ウザい時もあるんです。。そんな自分を、神経症なんだと責めてばかりいたのが、20代の私でした。利かん坊で気性が激しいうえに繊細なもんだから、私の人生はずっと地獄でもありました。まぁそれも、受け取りようによっては「感性が豊かで、反応が素直なわけね」と、プラスに捉えられる自分も今はいる…。成長したなぁ…。(笑)まぁ、だから喜びも大きく受け取れますが、苦しみも人一倍でした。まぁしかし、私よりもっとそれが激しい人たちももちろんたくさんいるわけで…。。自分の才能を発揮しきれてない言い訳にはなりません。

プラハに来て、全く同じ問題にぶち当たったおかげで、これが「東京だからでも、日本だからでもなく、『繊細さ』というものなのだ」ということが、改めてまたよく分かりました。
そして、その繊細さは同時に宝でもあると、既に今の私は理解しているし、それを守るために戦わなければならない闘いが、繊細じゃない人より増えるのも、仕方が無い、と。そのために助けが必要になることを嫌う利かん坊の自分は乗り越えるべきだし、無駄な完璧主義も捨て去るべきだと。そういう修行を、この繊細さはまた、私にさせてくれているのだと。

26歳の時、全く同じ問題で、私は一人暮らしを断念して実家に戻りました。
奇しくも、今回こっちに来て寮の部屋番号を見たとき、内心、ちょっと驚きました。
26歳の時に出ることになったアパートの部屋番号と、同じだったんです……。。こんなことってあります…?友達にそれ話したら「えっ何それ、ちょっとゾッとすんだけど。。」と言われました。。ええ、そうですね…。いやー。今となっては、本当にそう思います。
つまり、これが、私があの時に心に負った傷を癒してあげるべき出来事だったからなんだ、と思ったんです。
まだ終わってなかったんですね、あの時のケアが…。本当にあの時は苦しかったんです。何度泣いたか分からない。信じられないぐらい追い込まれて、人が嫌いになって……。同時にまた、人の優しさに助けられて。
今回も、同じようにして、でも二回目なのでもっと強烈に、もっと速く進み、今に至ります。今だって完全解決ではない。でも、全然違うのは、前回はまだ自分の繊細さをのろっていたこと。そして今は、自分を守ってあげなくちゃ、絶対にダメだ!と確信していたこと。これ自体、ヒーリングと呼んでいい体験じゃないかな。


しかしこないだの満月すごかったなー。なんか月食?日食?もあったんでしょ?←曖昧(笑)
なんか、すごかったなー。。
なんちゅうかよく分からないけど、なんか日中もビリビリしてた気がします。うーん何て言ったらいいんだろう…。なんか、うううん!!て感じでした。(笑)
なんか、妙に「目」が開いたりしてたなぁ。うん。なんか、違う扉開いとった気がするわ。。二ヶ月抑圧されてたせいもあるかも知れないけど…笑

さて、そろそろこちらも夜中なので、寝ます!
では皆さん、風邪などひかれないようお気をつけて、冬を楽しんで下さい

ではまた!

ゆきこ。
| 2012.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

Yukiko(WHR)

Author:Yukiko(WHR)
誠心リーディングの会(WHR)を立ち上げ、オラクルカードリーディングセッションやティーチングセッション、オラクルカードリーディング基礎講座、エーテリアルクリスタルヒーリングを提供しています。
もう一足のわらじはイラストレーター&画家。チェコ在住。

Category

Resent Entries

Archive

comments

Link

Search

RSS

whr-twitter

ページトップへ