FC2ブログ

モルちゃんのこと

2019.03.04 23:37|日記。
このままいくと写真とか溜まりすぎて爆発する気がするので、放出しておくことにする。
この度、先月8日にモルモットくんを1匹譲り受けまして、うちで飼い始めたのです。
うちに慣れて落ち着くまで三週間かかったんですが、ようやく慣れてきたみたいで、抱っこしたりすることもできるようになり。。
一安心と共に、生活や考え方にもさまざまな影響を受けています。

まずは、写真!もるちゃん!
本名モル助、愛称モルちゃん。(そのまんまやないか)(そうなんです)貰い先の長女ちゃんのネーミングをそのまま引き継ぎました。だって、かわいいじゃん…モル助…めっちゃいいじゃん。。好き。
というわけではい、写真。どどん。

IMG_2846.jpg


天使かな?

かわいい以外にコメントが見つからない。毎日かわいい。なんかもう今おっきくなった気がするなぁ。。一応まだ、うちに来た時点で生後4ヶ月ぐらい?で、今5ヶ月か…?
いや本当、モルモットってどういう動物か何一つ知らなかった私が今、なぜか、モルモットと一緒に暮らしています。
不思議…。。


○貰い受けることになるまでの流れ。

「何か生き物を飼いたい。自分以外の生きているものを家にお迎えしたい」というのが私の昨年夏からの切なる願いでした。理由は、「一人だけの時間」すぎる毎日、が不健全だと感じた…みたいな感じです。
性格上、フラットシェアとか絶対無理で一人暮らしじゃなきゃダメなんですけど、かといってあまりにも100%全部自分だけの時間というのもなんだか、発展性もエネルギーもない。これはよろしくない…という実感が徐々に強まってきまして。
で、人間じゃない方がいいので、動物。笑

当初は飼うなら大好きな猫がいいかなと思い、あちこちに本気で相談して、実際に本当に飼えるのかを詰めていったんです。が、今の家は家具付きで借りており、猫はそりゃもうさ…やっぱり家具はどうしたって引っ掻いちゃうじゃないですか。もちろんその子の性格やしつけにもよるでしょうけど、100%の保証はないわけで。というか、その覚悟がないなら飼ってもお互い幸せになれないですし…。これは現実的ではないということで、辛かったのですが一旦、諦めたのです。仕方ない、今の自分の生活条件に合わないのだから諦めよう…と。なので、夢の猫との生活はいつか引っ越した時へと先延ばしとなりました。
猫が飼いたいと思っている期間に書いてゴッドボックスに入れてあったお願い事の紙も処分し、この願い自体を初期状態に戻しました。完全に手放してリセットしたのです。


で、その直後。
全く思いがけず、やってきたのです。全く予期せぬ動物が。

………(ここで写真を載せようと思ったが可愛さのあまり理性を失うので先に事情を説明することにした飼い主)

最近できたお友達が三児のママさんでして、長女ちゃん責任監修のもとモルモットを飼育しているのですが、メス2匹を買ってきたはずが性別が判明してみたらオスとメス1匹ずつであり、あっという間に妊娠したそうで。このままでは子供が増え続けてしまうため、止むを得ずオスの方を手放すことにしたので飼ってくれる人を探していたところだったそうです。で、そのタイミングでなぜかひょっこりわたしが初めて、そのお宅に遊びに行ったんですね。そしたら、挨拶に来てくれた長女ちゃんが「モルちゃん見る?」て言うから「モルちゃんて??」つったら、お友達が「モルモットよ!……ねえゆきこちゃん、モルモットとかどう!?!?!」て突然言い出して、何がですか!?ていうかモルモットが何だかも定かではないんですけどちょっと見に行っ…………かわいい〜〜〜〜〜!!!!!!てなったんですよ。。。
第一印象;思ったより大きい!(※ハムスターとモルモットの区別すらよく知らなかった)ウサギとネズミの中間ぐらい…?あまり小さい動物だと踏みそうで不安だったので(挙動が粗雑である自覚が大いにあるため)、このぐらい大きいならちょうどいいなぁ…!しかもケージも大きすぎない。ウサギだとけっこう面積とるけど、モルなら一人暮らしのフラットにケージ全然置ける規模…。餌代とかケアの仕方も聞いたけど、私にでもできそう。。え、今のわたしの条件で生き物と暮らす、これ以上ない条件の子なのでは‥、とすぐに直感しました。
ただ、モルモットを飼う、というのはまったく想定していなかったため、少し考えさせてもらうことに一応して。抱っこした時にめちゃくちゃブルブルしてたのも気になって、帰ってから調べたらやっぱり怖がってたらしい、とか。(笑)繊細な生き物なのね…と思いつつ、2〜3日彼が来るイメージになるかどうか試していたら、ある時ふと、彼が家にいる生活が「予感」としてビジョンでふっとやって来て、すんなり馴染んでいたので、ああ、あの子はうちに来るんだ…。と思ったんですよね。もし彼が来たくなければ、このイメージにならないと思って様子を見てたので。うん、大丈夫そう。。
しかも、たまたま…なのか必然なのかその頃、家の中の断捨離を決行している真っ最中だったんです。で、どんどん物を処分していったら、自分でもちょっとびっくりするぐらいスペースが空きまして。あら、ずいぶんぽっかり空いたじゃない、いいね…と思ってたらお友達から電話がかかってきて、モルちゃん、ほんとにもらってほしいんだけど、ゆきこちゃんどう…?て言われて。その瞬間に、あぁそういえば今掃除したらすっごいスペース空いたんですよ、だからうちにモルちゃんのケージ、置ける……置け……えっ、お、置けます!ええ!!!てなって。。。(笑)そのために掃除してたわけじゃないんですが、結果的に彼の居場所を用意したことに…!なりまして。。
それで、よし、それじゃあ。。といよいよ覚悟を固め、モルモットの飼い方を調べたり、ケージや床材、ペレット、水飲みボトルなど、およそ必要と思われるものを一気に買い揃え。。お迎えしに行きました。
おうちで大切にしていたモルちゃんを長女ちゃんから引き渡してもらい、1時間ほど皆でまったり遊んで、長女ちゃんに「いつでもうちに遊びに来ていいからね。いつでもモルちゃんに会いに来てね」と伝えたら、うん、と目を見て頷いていて。
今でもモルちゃんの写真を送ってあげたり、モルちゃんもう抱っこしてあげてねとアドバイスをもらったりしています。(笑)


よし。一通り説明したから、写真を載せよう。

IMG_2973.jpg


かわいいがすぎるのでは?


ハァ、ハァ、ハァ………すみません、取り乱しまして、、、

いやこれ最近の写真でして、すんごいくつろいでくれるようになったんですよ。
来たばかりの頃は、隠れ家から決して出ようとせず、ケージの掃除のために外に出すと必死で逃げ回り、影に隠れ、抱っこしてもブルブルと震えるばかり…。臆病な生き物とはいえ、ここまで?。。と思いもしました。まぁ、ずいぶん戸惑いました。自分が大雑把な性格だったし、猫ぐらいのデカさの生物を当初想定していたせいか、彼の生態や行動の仕方に戸惑いも大きかった気がします。(お友達に聞いたら、この子は特別大人しくていい子だそうで、曰く「大和撫子」だと。(笑)決して自分から主張しない…。。w)
三週間経った今、彼もやっと慣れたみたいで、掃除のためにモルハウスを取り上げても全く動じなくなりました。というかDIYショップで買ってきた木のおうちがめっちゃ居心地いいみたいで、床材のウッドチップや干し草をいっぱい持ち込んで快適そうに住んでいます。よかったねモルちゃん…。。まぁ週一で掃除するけどな飼い主。臭い対策でな…。でもなんか最近は食べる以外にも干し草を自分で床にいっぱい落として敷いたりしてるので、なんか、カスタマイズを始めたみたい。いいぞ…楽しめ楽しめ。。

そして、抱っこは抱き上げる時は相変わらずびくついているものの、なでなでしてるとうっとりと目を閉じてプゥプゥ言うようになりました。

IMG_2989.jpg

クッソ可愛い…………天使かな??????

あと、見てください…なが〜いまつげがピョンって生えてるの…。真っ黒…かわいいな…うん…かわいい…

IMG_2990.jpg

うわぁ………かわいさおかしい

だめだ、定期的におじさんが出て来てしまう…私の中のモルちゃん過激派が………あかん……


そんなわけで理性が保たないので、モルちゃんが来てからいろんなことを考えたり感じたりした話はまた次回に書きます!
アデュー!!

IMG_2992.jpg

「おやすみ。」くったりモルちゃん



PS フランス語もがんばてるよ!!めっちゃ楽しい……!
| 2019.03 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

Yukiko (WHR)

Author:Yukiko (WHR)
誠心リーディングの会(WHR)主催。
オラクルカードリーディングセッション、ホリスティックヒーリングセッション、オラクルカード講座、オラクルxライフコーチング、オラクルカード同好会企画(WHR Membership)、エーテリアルクリスタルヒーリング、WHR職業人会で活動中。活動歴10年。
本職は絵描き(web) 、チェコ在住。

Category

Resent Entries

Link

Twitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ