過去生の見方?

これ、「わたし方式」なんだと思うのですが、
私はいつも過去生を見る時には決まった始まり方をしていることに、ようやく気がつきました。

まず私が過去生を見るのは、エンジェルセラピーオラクルカードでそれ系のカードを引いた時のみ、と決めています。無闇やたらに見たところで意味がないし、自分の癒しのために今必要なら天使にガッチリ助けてもらいながらビジョンを見よう、と思っているからです。なので、セラピーオラクルの「Past-life Issue」か「You are a profoundly Clairvoyant」が出た時限定ということになります。……いえ、正確に言えば、You are a profoundly Clairvoyantで見た映像で自分の癒す必要のある過去を知り、Past-Life Issueが出た時にはその時の自分を天使と共に自ら癒すビジョンを見ている、ということが多いです、かね。あとはThird-eye Chakraの時に調整がてら軽〜く過去生にまつわる映像を見る時ありますけど、前に見たことのある映像の追加情報とかが多いですし、純粋にサードアイチャクラの調整で終わることの方がずっと多いです。やっぱり、新規に今まで見たことのなかった過去生を見たりするのは、私は「You are a profoundly Clairvoyant」ですね。

次に、カードの説明書を実直に、心をこめて、声が通るように体の中心から喉を開いて遠くまで声を出す感じで、発声自体も変えて、はっきりと天使にお願いをします。文章は、説明書に書いてある通りに、ただ自分なりに心をこめて、実感をもってしっかりと読んで、自分の中に入っていく準備と外側の保護を天使に確実に本心からお願いします。
で、待ちます。「何か出てくるんかな〜」っていう感じで、ただ目を閉じてぼーっとしてます。

そうすると、これが「私の場合」なんですが、丸い縁取りしたレンズのような中に、映像が見えてきます。もわもわっとだんだん何をしてるか分かってくる時もありますし、最初からはっきりしたイメージ映像が流れてくる時もあります。それを見ながら、感情も勝手に湧いてきます。それが、その時代に生きてた自分の心の声です。で、自分がどこにいるのかな?と確認します。見てる映像の中にいる人のときもあるし、全く違う場所から見てるよ、と急にカメラがパンして、自分がいる先を示されることもあります。で、あぁここだったんだ、と思うと、そこにいる自分が見えます。最初にどんな場所にいてどんな気持ちでいるかが伝わってきます。それからその時の自分を確認します。着ているもの、アクセサリー、足元…。私は手で行うヒーリングをしてた時代が圧倒的に多かったせいか、両手が緑色にぐわっと染まっているとか(実際に手が緑なんじゃなくて、オーラというかエネルギーの色が視覚化されてる)、腕にエネルギーを巻き付かせている時もありました。何コレ?て思うんですけど、起きた後で理由が分かったりします。。
で、そこまで見るとその時代の自分に完全にリンクして、その時の情景、光景、感じていること、考えてること、体験したこと、祈り…。そういうのがだーっと流れてきます。それをただ受け取ります。ただ映像を追い続けるだけ。何て言うのかな、映画を見てるような感じなんだけど「その映画を見ると決めてるのは自分だ」とはっきり意識してるんです。終わろうと思えばいつでも見るのを終われる。だから魂的にも安全なんです、変なところまで引っ張っていかれて余計な傷がつくことがないですから。

で、その時知るべきことが全て流れ終わると、映像がそこからあまり動かなくなります。見る必要がある間は淡々と映像が進行して流れ続けるし、もっとこのへんのこと詳しく知りたい、と思うとそっちも見せてくれます。で、知る範囲のことが終わると、なんていうのかな、ぶわんぶわん。てなって、映像がなんとなく「あ、これ以上ないよ〜」っていう感じになるんで、あぁ終わったんだな。と目を開けます。これで、終了です。

あとは、記録します。キーワードだけだーっと並べておくだけでもかなり面白いです。私の場合は、カードリーディングと同じように、そのキーワードを記録しながら、あぁだからこう思ったのか…と発見もあるし、そのビジョンを見た理由も分かるので、ビジョンの記録と同時にその繋がりが分かるような書き方をしておきます。自分の思い込みは別にしておいて、ビジョンだけの記録を心がけます。夢の解釈と同じで、あとで正確な理由が分かることも多いですからね。。ただ、個々に見えたビジョンの繋がりなどが分かってくるんで、それは記録します。

以上です。

私は視覚タイプと体感が強いタイプなので、映像でがっちり見るんですが、その時の思考や感情も大きなサインとして受け取っています。他の感覚が強い人だとまた違った見方をするのかな〜。

過去生を見るのについては、ブライアン・L・ワイス博士の瞑想誘導CDなどもありますし、ドリーンのも確かあったと思うので、不安な方はそういうものも活用してみて下さい。

いずれにせよ言えるのは、自分でやる時などは、天使に守護と導きをしっかりとお願いしておくことです。セラピーオラクルに書かれているように、波動を最高の状態にしてもらい、包み込んで「絶対に大丈夫」にしておけば、おかしな過去生に迷い込むこともありません。天使の加護は私たちが思ってるよりはるかに確かで、がっしりしてて、完全に安全です。これは私が最近心の底から実感できたことです。。エンジェルセラピーは、私が思ってたよりもずっと凄かった…。夏にヒーリングを習ってエネルギーが少し分かったことで、それが実感できました。いや、ものすごいわエンジェルセラピー。

そんなわけで、過去生に関しても、下手に他人に頼むより自分でやった方がはるかに正確に見れることも多いと思います。
エンジェルセラピーオラクルカードを持っている方は、是非トライしてみて下さい♪

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Yukiko(WHR)

Author:Yukiko(WHR)
誠心リーディングの会(WHR)を立ち上げ、オラクルカードリーディングセッションやティーチングセッション、オラクルカードリーディング基礎講座、エーテリアルクリスタルヒーリングを提供しています。
本職はイラストレーター&画家(ウェブ)。チェコ在住。

Category

Resent Entries

Link

Twitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ