「受け入れます」「出します」の宣言が大事。

2014.04.01 11:44|エネルギー
ヒーリングエネルギーというものは、受け容れます、と言った瞬間に入ってくる。
というのがなんか最近分かった。

例えば、ただクリスタルを握っただけでは何も起こらない。
(多分それは私がアウトプット型の人間だからであって、インプット型の人は握った瞬間に流れ込んできちゃってると思いますが)
クリスタルを握って、
「受け容れます!」と意図した瞬間に、
そのクリスタルのエネルギーが入ってきて瞬時に細胞が反応して癒しが完了する。

これは浄化も同じで、
例えば新月前後とかでやたら毎日お風呂に入りたい気がするときっていうのが私はあるんですが、いちいち入ってられないので、
きれいな滝やシャワーみたいなものが降り注いできれいになるイメージをして、「受け容れます!」と宣言すると、その瞬間に全身の細胞にその浄化が行われて、そして一瞬で全部完了する。

‥‥ということが最近すごくよく分ってきました。
ほんとこういうのって難しく考えなくていいのだろうなと。
感覚さえ掴めれば一瞬なんですね。

っていうのと、やっぱり
肝心なのは「受け容れます」の一言なんだ、と。
これをちゃんと意図してあげないと、入ってくるものも入ってこれない。出られるものも出れない。
出すのも入れるのも、自分で自分に許可を出さなくてはいけないんだっていうのは、実感するところです。

オラクルカードもそうなんですよ。
「アドバイスを受け入れたい」って思えば入ってくるし、「いやだ!」と心のどこかが思っていれば入ってこないですよね。。
普段は意地張っててもいいです。私も意地っ張りなので、気持ち分かります。
で、カードを読む、切る瞬間だけでいいので全身全霊でハートを開いて、「受け取ります!」と宣言してみてください。カードの入って来方が違うと思いますよ。


それと、これの派生で、遠隔ヒーリングもほんとに、宣言が大事なのだなーと。
明確に「今から送ります」と言ったときの方が、絶対パワフルに迷いなく出るに決まってますしね。
それと受け取る場合でも、いやリアルタイムなら全然問題ないんですが……、私たまにやってしまうのが、どうもサマータイムの切り替えの日にエーテリアルの予約が入っていると慌ててしまうんです。一時間時差が生まれるんですが、これがもういつもめちゃくちゃ混乱する。。なまじ私の体内時計がものすごい正確なので、一時間狂うともう前後が分からなくなるのです…。
で、一昨日のサマータイム開始時も、やってしまいまして。。一時間早くヒーリングをやってしまった上に、更に間違えたと思ってお詫びのメールを送ったら、え、時間まだですよね?ってなりまして。…あっ(´∀`)てなったのですが、早く送っておく分には、その方が「受け取ります!」と態勢を整えた時間からきちんとエネルギーの受け入れが始まるってことは分かっていたのでそのようにお伝えしましたら、無事体感もあったそうです。いやー、大丈夫だと知ってはいたのだが、よかったぁ…。…その節は混乱させてしまって申し訳なかったです。。
が、やっぱり「受け入れます」と言ってから受け入れが始まる、ってやっぱりその通りなんだ、とも実感しました。


基本で、常に最も大事なこと。
今、そういうのを一つずつやっと分からせてもらってるような感じです。
本を読んで抜き書きしたり、とかね。今までフセン張りっぱなしだったんですが、これじゃカード引いたまま読み流してるのと同じだなーと思ってやっとノート書き始めました。遅いよね!(´∀`)でも、いろんな意味で覚悟ができてきたのかもな、とも感じる昨今です。

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Yukiko(WHR)

Author:Yukiko(WHR)
誠心リーディングの会(WHR)を立ち上げ、オラクルカードリーディングセッションやティーチングセッション、オラクルカードリーディング基礎講座、エーテリアルクリスタルヒーリングを提供しています。
本職はイラストレーター&画家(ウェブ)。チェコ在住。

リーディング@ココナラ

 

スピリチュアルカードリーディングを提供します 心に、愛とげんきとバランスを。 スピリチュアルカードリーディングを提供します 【スプレッド使用】パワフルロングリーディング 安らぎと愛のヒーリングメッセージをお届けします エクスプレス・ワンオラクルヒーリング【深夜対応・90分以内】

Category

Resent Entries

comments

Link

ゆきこtwitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ