WHRリニューアル解説② WHR総合診療

2015.12.08 12:58|Whole-Hearted Readings
こんにちは!
今回はWHRリニューアル紹介第二弾、私としては最も大きなリニューアルポイントである、WHR総合診療についてです。



いきなり焦点から書きたいのですが、
このメニューは、ライフレベルで自分と向き合う力をつけたい方や、最高のオラクルカードリーディングを受けたい方、信頼出来るライフコンサルタントを探してる方、生きる力を取り戻して本来持っていた「生きる体力」を自信に変えていきたい方のために、オラクルカードの能力を最大限に活かし、全ての方が最高に輝いて生きられるようにと意図して作られたものです。


例えば一つの例ですが、私の経験上、鬱病の方には明確に2種類の人がいます。
一つは、自分が鬱であるという状態をキープしたい人。この理由は様々ですが、増え続ける薬や自傷は周囲へのアピールなので、傍目に見て辛そうでも本人は治す気は(本当には)ありませんし、逆に言えば必ずしもこういう方たちを治す必要はないので、意外と心配はいりません。
そしてもう一つは、
自分が自信を持って自分の足で立って歩んで輝いて生きたいのに、何らかの理由で絶望しており、一時的に自らを傷つけたり薬で止めたり、自己批判して体内に毒を回すという形の自傷をすることで能力の発現を止めようとしていて、しかし自分でもそのことにうっすら気づいてる人、です。
後者にはとても強い、生きる力があります。本当の意味で生きたいが故の反動の鬱なので、彼らにとって鬱はあくまでも一時的な不具合なのです。本気でその状態を抜け出そうと考えていますし、彼らは数年以内に必ず鬱を抜け出します。しかし生涯において時たま顔を出しては、自分の足を引っ張ってしまうクセとなることもあります。
こういう場合、オラクルカードはものすごくてきめんに効いていきます。後者の鬱の根治には、オラクルカードが一番ではないか、と私は自分自身の経験から考えています。
持っている素質を最高の形で輝かせて生きるのには、あなたの意志と、少しの「考え方の変更」が必要なだけであり、持って生まれたあなた自身を否定するなどということは断じてありえません!
自分の資質に気づき、輝ける場所を見つけて、前向きに努力して生きがいを感じて生きていくのは、全ての人に可能なことなのです。


または、もちろん鬱病とまではいかないまでも、とにかく調子が上がらない、これでいいんだろうかと最近感じ始めた、今からやろうとしている新しいことについての不安があって、それがどうなのか天使に聞いてみたい……なんて人は多いと思います。むしろ、そういう人がほとんどでしょう。
私がオラクルカードを「漢方的に」使うというのには、この理由があります。というのは、漢方もオラクルカードも、「未病」を調整して改善して毎日をより生きやすく、よりパワフルにしていくためのもの、だからです。
そしてもちろん「未病」には、己の生まれつきの性質を知らないことに加えて、それを自己批判の理由にしてしまうために起こる精神的な考え方や詰まり、困難、苦しみなどが非常に強く関係しています。
幼少の頃から整体のエキスパートや漢方の先生にかかっていた私は、常に先生方から言われていたことがあります。それは「精神的なものが全部体に出る」ということです。未病、病気、ケガ、全て関係しているのは、人生を通して実感してきた部分でもあります。『ライフヒーリング』の本にもあるとおり、ちょっとした不安や恐怖から、私たちは小さなケガをしたりして意識を逸らそうとしてしまいます。それが大きな形になってしまう人もいます。それらも含めて、私は「未病」という、人生への重要なサインだと実感しています。
オラクルカードのすごいところは、それらを相当詳細な部分まで特定していけること、そして己を知り、こまめにセルフヒーリングを行っていくことで未病をほとんど防ぎ、直していけるところです。
物質世界だけにフォーカスしている「通常の」生き方には、魂目線から見た「スピリチュアルな視点」がどうしても不足しています。WHRのリーディングや総合診療、エーテリアル、クリスタルブレスなどは、それら「魂目線」のエネルギーや助けをふんだんに供給し、元気を取り戻してもらうためのメニューです。
「総合診療」というメニューは特に、全身的・総合的なエネルギー活性化や癒し、建設的な人生の組み立てに向いています。
なぜならエネルギー面からも癒され、心や頭で今まで自分が成し遂げてきたこと、今の状況で何を学ぶことでより強く優しく素晴らしくなれるのか、本来の自分を活かせるのかを知ることができるので、心と頭が納得することで精神的エネルギーの詰まりを完全にその方の中から取り除くことができるからです。
そうした詰まりを取り除けば、瞬時に天使たちが働けるようになり、困難だった状況や体の状況もどんどんと快方に向かいます。
この「解放点」として、総合診療はてきめんに効果するのです。



オラクルカードだけでも十分に効果が発揮できるため、スピリチュアル上級者の方、つまり日常的にエネルギーワークや魂目線からの考え方を心身と同等に取り入れてる方には、単発リーディングセッションがお勧めです。そういう方だと今自分にある「詰まり」がどれなのかをほとんど完全に的確に把握しているため、非常に話が早いので、短時間のセッションでも素晴らしい効果があります。
それよりももうちょっと視点やご自身の可能性を知りたい・広げたい方、ディープクレンジングやデトックス、活性化などもしていきたい方には、とりあえず最初の一回だけでも「総合診療」をうけられるのをオススメします。カードは持ってるけれどついさぼっちゃうという方やスピリチュアルを人生に取り入れたいけれどまだまだそこまでは遠そう…という方などは、総合診療の方が集中した素晴らしい効果を発揮するはずです。



単に仕事のことについて相談したいだけ、なんて場合でも、総合診療はよい準備になるでしょう。
エネルギーを整えて体の準備をし、リーディングで今までやってきたことの素晴らしい点や根拠、仕事の新しい局面について学ぶべき焦点、どのような理想を実現していくためにステップを踏むのかを深い部分からじっくりと読み解き、心も体も頭も全てクリアな状態にして前に進むことができます。
もちろん、もっと自分が欲しいもの、知りたいことと、問題のなんとなくの理由の目星がついているならば、単発リーディングもよいでしょう。


何にせよ「総合的」な見方になるので、いかようにでも活用できるかと思います。
つまり、受けていただいた方専用に、完全にカスタマイズされるからです。
そのためこの「総合診療」というメニューは、受ける人によって、全く違うメニューに見えてくるかもしれません。
だけど常に芯には確固たるものがあります。
つまりそれは、「その人の人生に断固として寄り添うものである」ということです。
甘やかしたり、または断罪したり、などという次元の低い「処方」はここにはありません。
天の導きを、ヒーリングもしながら、優しさと同時に真実をきちんと受け入れて、スッキリして前に一歩ずつ、確実に歩んでいくためのものです。


私の考える理想である「総合かかりつけ医」みたいなものが実現できる機会として、私はこのメニューを非常にわくわくして設置しました。
この記事あたりからが始まりですね。
ここにも書いてるように、もしその方が自分でも普段カードを使ってらしたら、それも含めてご相談に乗ったり、受けた方がよさそうなヒーリングや自分でもできる方法などをどんどん注いでいきたいなと考えています。

私の重要な役割の一つはカードを人とを繋げることだと自負していますが、本当にその通りになってきているし、既になっているのだと思います。
WHR総合診療は、今までやってきたこと、そしてこれからもずっと大切にしたいことをやるだけの、シンプルかつ核心となる、私の「役割」そのものだと思っています。
オラクルカードの素敵さやパワフルさ、そして「魂目線」を人生に確実に取り入れていく喜びや輝きを、一人でも多くの方に体験していただけたら!と願って、研鑽を続けています。


そして余談ですが、このメニューに描いた天使さん…とても気に入っています。
自分で描いておいて何なのですが殆ど無意識で描いてるので、出来上がった時「うわ〜めっちゃ可愛い子来てくれた!すごい!」と一人で興奮していました…笑
この子が全ての必要な方のところに飛んでいって、話をふむふむ聞き、美しくユニークでめちゃ的確なオラクルカードで笑顔でメッセージと愛を降り注いでくれるところが、目に見えるようです。

私もその働きができるよう、いつでも準備を整えてお待ちしています♪






※今気づいたのですが、ページに記載されているお申込フォームのリンクが間違っておりました。。
フォームはこちらになります。
ご不便をおかけいたしました。(´・ω・`)(´-ω-`)) ペコリ

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Yukiko(WHR)

Author:Yukiko(WHR)
誠心リーディングの会(WHR)を立ち上げ、オラクルカードリーディングセッションやティーチングセッション、オラクルカードリーディング基礎講座、エーテリアルクリスタルヒーリングを提供しています。
本職はイラストレーター&画家(ウェブ)。チェコ在住。

Category

Resent Entries

Link

Twitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ