オラクルカードでのリーディングをする際の、重要な点まとめ。

2011.08.06 00:31|基本
※ご注意※

ここに述べた見解は、あくまでも私が今まで丸三年間、オラクルカードと共に過ごし、本を読んで研究し、使ってみた結果や実感を自分の記録や人生と照らし合わせて収集してきた、わたし個人の基盤であり、『私個人の実感』の集大成です。オラクルカードを使ったからといって全ての人にとって同じことが重要であるとは限りません。全く違うことすらあるかも知れません。

ですが、私にとって、このブログを書く大きなモチベーションの一つが
「オラクルカードを自分や周りの人たちのために引く人のための、一つのTIPS集になれれば」という想いです。

なので、私がカード&スプレッド解釈やその他すべての記事を書くときのベースになっている考え方、手法、注意点は、全て下記の事項に基づいていることを、ご理解ください。

この考え方に基づかない引き方については、私にはカバーできないことも、ご了承くださいませ。

カード&スプレッド解釈を読んでいて「ん?」と思ったときは、まず大前提として、ここの項目をもう一度ご参照のうえ、お問い合わせいただけると有り難いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オラクルカードの利点
・とても積極的に生きていくためのアドバイスが書かれているカードばかりなので、真に建設的といえます。
様々な意味で、人生をポジティブに変容させていきたいと願う全ての人の役に立つと思います。

・オラクルカードでは物事を、善悪ではなく、今とるべき重要な一つのステップとして捉えています。
それを困難と感じているときに、どのように考えるとよいのか、具体的なアドバイスがあります。それは文章だけではなく、絵を通しても雄弁に伝えられています。
占いや、タロットカードと本質的に違うのは、この点においてです。

・毎日、ささいなことでも重大なことでも、カードをめくって相談していくうちに、日々の自分の細かな思考までをもポジティブに変えていくトレーニングにもなります。
解説書の、建設的で丁寧で前向きな言葉を毎日読んでいるうちに、自分の思考の仕方すらも変わってきます。
そして、感情の細かなさざなみを、もっと喜んで受け取れるようになってきます。

・結果的に、全ての人生に対して安心感と安らぎを感じられるようになり、自信を持ち、自分の一つずつのステップに寛容に、誠実になることができます。

(※もちろん、カードだけでそうなるわけではありません。)


リーディング技術の基本
・もちろん買ったその日から誰でも正確に使えるのですが、最初は「本当に自分の引いたカードが正確なのかどうか?」が、自分では分からないものなのです。皆さん多かれ少なかれ、そうだと思います。
一つのカードに対して、本当に意味や直観、存在が自分にすっかり馴染んだと感じるまで、例えば私は平均して丸一年はかかります。
意味が分からない!これは正しいのか分からない!と思っても、焦らずに。そのうち、自分の好きな使い方や、会話の仕方がわかってきます。それは十人十色、皆違うものだと思います。それがカードのすてきなところなんです。同じカードを使っていても、全員、違う受け取り方をするのです!それこそが肝要なことなのです。

・基本的に解説書は丁寧にしっかり読みましょう。
一言一句まで、読み流さずに丁寧に。迷っている時ほど、これを心がけて。
声に出して読むと、一つずつの語句が自分に流れ込んできて、もっとよいです。
使い込んでて全部覚えてると思い込んでるカードですらも、重要な単語を無視していることもありますので……。。←実体験です


カード、スプレッドの解釈について
・カードを引いてる時に、何故かふと頭に浮かんだ過去の出来事とか、アイディアとか、感情や感覚などは、非常に関係があることが多いので、できれば意識していてください。分からなくても大丈夫です。
誰もがそういった感覚や思考を通して、天の導きを受け取っていることが、だんだん分かってくると思います。「これは違う」とか「これは天の導きだろう」とか、決めつけることをまず止めて、ありのままでいる自分が受け取ったものを認めることが大切です。

・解説書に書いてある意味は大事なものですが、もしそれを読むよりも先に「あっ!○○って、言われてる!」と直観したときは、解説書の内容よりもそちらが答えです。解説書の意味を読んでピンとこなければ、直観の方を信用するべきです。
しかし、全くカードに慣れ親しんでいないうちからそれが頻発することはそんなにはないと思うので、まずは解説書をしっかりと読み、どんなメッセージを言われているのかを考えてみることが大切です。

・「その場で分からなくてもいい。の原則」
その時全部解釈できた、全部分かった、ということは実は殆どないです。人間たちの予想を少し見越して出るようなところが、オラクルカードの特徴でもあるからです。
メモや写メなど、引いたカードを自分が思い出せるように、その時の質問とカード結果の記録だけはしっかり取っておいて下さい。
大切なのは「何について、どのように質問したか」と
「スプレッドのどの位置に、何のカードがあったか」の二点を必ず記録すること、です。

・なんとなく、こんなこと言われたなぁとか、どうしてこのカードがこの位置にあるのかな?とたまに思い出したり、ノートを見たりしながら、普通に過ごして自分の思考や感情をよく観察していると、突然分かって、ものすごくしっくりくることがあります。しかし、繰り返しますが、全部分からなくてもいいのです!考えているだけで、その時は天使たちが働いてくれていますから、頭をやわらかく、心をひらいて柔軟でいることが最も大切なことだと、私は思います。



文責:Yukiko032 20110805
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Yukiko(WHR)

Author:Yukiko(WHR)
誠心リーディングの会(WHR)を立ち上げ、オラクルカードリーディングセッションやティーチングセッション、オラクルカードリーディング基礎講座、エーテリアルクリスタルヒーリングを提供しています。
本職はイラストレーター&画家(ウェブ)。チェコ在住。

Category

Resent Entries

Link

Twitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ