決めたこと2点。

この夏の間に決めたことがいくつかあって、そのうちのかなり重要な二つのことをちょっと書きたいと思う。

一つは、すごく大変だったことに関して「大変だったでしょう」と聞かれた時に、全然、簡単でしたよーとか、実はラクしてるのでそうでもないです!とか、口が裂けても言わない、ということ。

私は理想が高い人間で、常に自分より高いレベルの人と自分を比べるので心からそう思って言ってるんですが、これ、酷い悪癖であることにやっと気づいたんです。
というのは、そう言われた相手は「あ、本当に簡単だったんだ」「あ、本当に負担かかってないんだ」と思う上に「ズルい」とかまで言われるんですよ、私。何故。何故なの。時間と労力を割いて全力で頑張ったのは見たらわかるじゃんか、と思って言わないんですよ私は。そしたらね、この世の大半の人はね、「見てもわかんない」んだって。気づいたのね。そういう、すごい簡単なことに。。。。。。。。。

例えば、料理の持ち寄りパーティーがあったとき、しばらく会えなくなるその友達を喜ばせたくて、すごく頑張って真夏のクソ暑い時期に冷房もない部屋で部屋の温度31℃ぐらいの中を、下準備から3時間ぐらいかけて山ほどローストポークとグリル野菜を焼いて持ってったことがあったんですよね。そしたら、大変だったでしょ!て言われたからいつものクセで、や〜そうでもないよ、レシピはシンプルだし、焼けばいいだけだからさ!て言ったんですよ。で自分の中では、前日から仕込むよりは楽できたし、グレービーソースまで作っちゃうみたいな人と脳内で比べてるから、楽してる方かな、と思って、まぁ普通に本気でそう思って言ってるわけです。
そしたら真顔でその友達に「ゆきちゃん、ズルいよ。ラクしてこんな豪華な料理つくるなんてさ‥」て。言われたんですよね。

いや、え。うそ。考えてみてよ。真夏だよ?今日もそこそこの真夏日だったよ?ラクなわけないじゃん?
あと、肉1.5kgと山盛りの野菜見た?コストすごくない?これだけでも既にやばない?
でも、大変だったってことはそれじゃぁ伝わらないんだよね。そりゃ、そうだよね。。
だって、できない人にしてみたら、想像がつかないから。そのプロセスの全部が想像つかない。
経験したことのないことは絶対に想像がつかないっていう原則、どれにでも当てはまるわけです。

そうだよね。そういうことなんですよね。自分の経験を誰もがしてるわけじゃないっていうか、してない人の方が多いのは明白なんだから、伝えてあげる方が親切。
これに限ったことじゃないんですが、この象徴的な出来事からも分かる通り、つまり、こういうことなんですよ。

大変だったこと、長い準備をかけてその人のためにやったこととか、わざわざ時間を割いてまで相手に付き合ってあげた時に、「ありがとう、大変だったでしょう」とか「これ、作るのすごい大変だったんじゃない!?」て言われたら「うん、すっごい大変だった!でも喜んでくれたから嬉しいよ!」って言えばいいんだ。ということです。
仕事とかでも、ご苦労おかけしましたって言われる時はたいてい本当に実際に苦労かけさせられてるので、「はい、大変でしたが、喜んでいただけてよかったです。」て言えばいい。ていうこと。
付き合いでも、「迷惑をかけてごめん」と言われたら「うん、もう二度とごめんだわ。」と言うべきだということ。……これね、ここで「いいよいいよ、今回はたまたまだよね、まぁこっちこそごめんね、こんなとこが至らなくて」なんて言おうものなら、なんと相手は、そうなんだ!相手も悪かったんだ!じゃあ私はそれほど悪くないんだね!!!!!!!!って思うってことに気がついたんですよおおぉおおおぉおおぉお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!お前が悪いに決まってんだろなんでそんな簡単なことも分かんないの!!!!!!!?!?!?!?!?!?!??!!分かんないんだよね!!!!!!!!!そうなんだねええぇぇえぇぇえぇ!!!!!!!!

(ここで息切れをする絵文字)

いやぁ。びっくりした。私は本当に、世間様のことを分かっておりませんでした。
みんながみんな、見ても分かるわけじゃなく、相手が本当にどうしたかを耳から聞いた言葉に惑わされずに判断したり見抜いたりできるわけじゃないってこと。。。。
と、いうわけで私はこれからは、きちんと相手に「はい、大変でした」とお伝えすることにします。
正直、頭では分かっていても、感覚的には今の今までよくわかってなかったんだ……。

でも、たまにちゃんとそれができる人もいて、その人たちとは対等な友達でいられるんだよ……唯一ね………。
ありがとう……その人たちの存在に本当に助けられてる昨今です。あなたたちがいなかったら私、とっくに憤死してた………。



2番目は、「スピリチュアルから離れないとヤバい人達にはちゃんと通告してお断りする」です。
5月ぐらい?6月?からココナラ始めて、いろんなお客さんを見て、身近でも違う例を見たりした結果、数が多いわけではありませんが常に一定の数はいらっしゃる「本当にスピリチュアルに触ったり関わったりしたらヤバいレベルや段階にいる方」には、今すぐこの世界から離れるように言ってあげる以外にその方が幸せになる方法がない、ということです。
少し言い方は違うんですけど、「才能がない人にはきちんと最初から言ってあげるべき、そのまま期待をもたせて教えてても向いてないものにズルズル時間とエネルギーをかけるのはその人の絶望を深めるだけで、その人のためにならない。最初にはっきり通告してあげるのが優しさというもの。それを聞いてもやる価値や意味があるとその人が判断するならOKだけど、全ての人がそうじゃないんだから言ってあげなくちゃ」という話を夏休み中にあるプロ達とした時に、この事実は残酷だけれど何をするにも正直全くその通りだし、オラクルカードもそうだな、と思ったんです。
で、それの少し派生的意味で、本当にこれ以上スピリチュアルに関わってると不幸せにしかなれない精神状態の方にはきちんと「やばいですよ」と言ってあげて、仕事をお断りするのも、私がこの世できちんと役割を果たしていくために大切なことだと認識したのです。

これに関しては、個人のプライバシーも関わってくるのであまり具体的に書けないが故に、該当しない方々に間違った形で響く可能性があって非常に難しいのですが、言うなれば、足元がグラッグラの方、…かな……。いやこれ本当に言うのが難しい……。が、とりあえず、実地でいくつか症例に触れて、今までのお客さんたちも思い出した結果「あぁ、このタイプか…」というのが私の中では感覚的に分かったようなので、今後はココナラさんもWHRで受けるお仕事も、この人はもう今すぐ神とか天使とかのことは全部忘れて現実世界に生きないと本当にヤバいぞ、という方に関しては、お仕事をお断りしなければならないな、と決意しました。簡単じゃないかもしれませんが、しっかりやらないとです。そういう方達に対して、この仕事をしている人間としてできる一番のことは、これだと思います。これは今後、絶対にやっていかなくてはならないことだと感じました。こちら側を守るのではなくて、その方を守るためです。こちらは別に一筋の傷もつきませんが、あちら側をスピリチュアルの中で助けようとするばするほど、その方はむしろそれを悪化させてしまうのです。

現実世界を、自分の責任で選択し、思考と直感の導きの両方をきちんと行いながら生きていくのは、前提中の前提、基本中の基本です。昨今、あまりにも「自分がない」方、または、自分の価値観にあまりにも固執したまま、それを受け入れてくれる他人を探してスピリチュアルなサービスを探す人が多いです。が、その状態ではまずスピリチュアルを理解するのは無理です。占星術が誰にでもとりあえずOKなのは、あくまでもデータだからなのと、そこに自分の推察を入れなくてもある程度満足してもらえること、またそのデータが実害を与えることは殆どありえないからです。
スピリチュアルは、一定以上自立している足元がないと、害になるんです。スピリチュアルに触れるたび、その方たちは傷つきます。自分がそこより低い、価値が低いのだ、と感じ取るからです。そうなれば、神も悪魔も区別なんかつきません。意味がないのです。何をしようと悪循環に陥ってしまうでしょう。または、妄想の世界に逃げ込んだ人と捉えられてしまいますが、それを否定する材料があまりにもその人の足元にありません。そうしてますます足元を見失ってしまいます。それでは駄目なのです。
オラクルカードはただでさえ、言葉で提供するサービスです。この危険性があまりにも強いのです。そういう人に限って、安く、インスタントな解決方法や気休めのコメントを求めます。そんなものは無いのです。人生はきついのです。だから、まずは足元なのです。オラクルカードが、クリスタル等と違って、誰にでもOKと言いづらいのは、オラクルカードがスピリチュアルな上、言葉であるせいです。
だからこうして、危険性を知らせる記事も私は定期的に書かなくてはならないのです。。。

余談ですが、だから私はスカイプセッションや直接の対面を好みます。言葉だけではなく、雰囲気や言い方、言葉尻、仕草やジェスチャーで、天使達の真意を伝えやすいからです。メールの文面と添付ファイルだけでは、あまりにも情報が少なすぎます。それでも理解する力やコミュニケーションする力のある方にのみ、ココナラのようなサービスが可能なだけです。正直、一番間口が広そうに見えて、実は対象者が限られている方法です。

さて、その方たちが実際そのように感じてしまってる時点で、スピリチュアルから利益は得られませんし、自己価値をリカバーしようとしてもがくことで精神的な傷はどんどん広がってしまい、そのまま精神病になっても全然おかしくありません。というか、そういう人たちの殆どは実際に、精神科のお医者さんにかかる必要があるはずです。スピリチュアルに来る前にそちらに行かなくてはなりません。その方が、その方の「治癒」に役立つからです!
‥といってもリーディングを申し込まれた方に「メンタルクリニックに行かれては?」と勧めたら、相当気分を害されるでしょうし、自覚がなければないほど、本当に役立つ方法なのに受け入れづらいでしょうし…なかなか難しい……。といっても時には言わねばなりませんね……。
というわけで、もし万が一、該当者の方でこの記事を読む勇気のあった勇者様がおられましたら、まず、クリニックに行ってください。そしてもし今もオラクルカードを引いておられましたら、一旦全部やめてください。全て本棚にしまうか、もういっそ捨ててしまっても大丈夫です。一生使うことはないかもしれませんから。あなたの心を守り、今生の大切な命を投げやりにせず、丁寧に生きて、確実に成長して人生をやり抜くために必要なのは、スピリチュアルではありません。現実です。目の前にあることに集中して、目の前にあることを楽しみ、目の前にある問題を根気強く片付けながら、自分にできることをしていく人生です。


スピリチュアルが役に立つのは、ある程度以上現実を生きられている方、そして少し神様が多めに課題を課した方のみです。お役目を持っているような方には、オラクルカードは相当な助けになるはずです。でも、そうじゃない人の方が、普通に考えれば圧倒的多数なのです。それを良い悪いで捉えてはなりません。ただ単に、いろんな人がこの世にいて、それでいい、ということなのですから。

現実を生きなくても生きてるみたいになってるこのインターネット社会の幻想を打ち破る手伝いをするのは、どうやらこの仕事を選んだ時点で私の人生の使命に含まれているらしい…。ということを本当に最近、痛感しています。
ノーという仕事がかなり辛いということは、まともに生きてる方なら皆さんよくお判りになるでしょう。。。でも、私はしなくてはなりません。全ての方が本当に健全に幸せに生きていくためなのですから、やらないとなのです。

が、ん、ば、り、ま、す………ッッ


(しばらく深呼吸をする絵文字)


というわけでした!

なんか今いろんなテキストをあっちこちで書いてるので、にゃむにゃむ…。ですが、随時アップしていきますー。
にゃむにゃむ。


(あ、ところで冒頭のローストポークですが、手間がお金じゃ買えないというかお金以上であることはやっぱり伝わるので、その日の一番人気はローストポークでした。みんなが喜んで、食べるの止められない♪て言いながら食べてくれるのは嬉しかったから、やっぱり本当の意味では伝わるんだよな、と思うのでした。( ´ ∀ ` )

WHR会活動・第一期を終了します。

2017.09.06 13:02|Whole-Hearted Readings
IMG_6458.jpg


こんにちは。
この度、これをもちまして正式に、WHRの「会」としての活動のうち、「第一期」活動、すなわちメンバーと共同で動くことに関しては終了、解散といたします。(WHR公式資格&資格者の活動に関してましては、通常通り継続してまいります)

2015年秋より新メンバー2人をお招きして活動してまいりましたが、事情によるasukaの脱退や、その後二人で活動してみた結果、このままの継続は無理だという結論に達しました。もともと、3人でなくなるとわかったとき、「多分無理だろうな」という予感と認識は我々にはありましたが、残った二人でこの3ヶ月、とにかくやれるだけやってみました。その結果の結論となります。全員が本当に頑張ったので、全く悔いは残っていません。
また、3人で活動している時は、私は都合上の頭領であり音頭は私が取るけど実質は3人で話し合いながら進めて行く、という方向性でいたのですが、これも少々、メンバーや皆さんの求めるものと私の実験意向がズレていたのではないかという結果と感覚を受け取りました。
とはいえ、会として活動したいという私の希望と情熱を、まず「アマチュアとしてのグループ活動」の方向性でやってみたかったですし、それにふさわしいお二人に来ていただいたことは本当に光栄であり、最高の体験でした。
とにかく、楽しくて、楽しくて…。いろんな初めてのこと、一緒に体験できて、本当に、すごく嬉しくて、楽しかった。


私としては、何度も言っているのですが、WHRという活動は長い目で見ています。ふつーに数十年単位で考えてます。
私が生きてる限りは多分この活動は細々とでも続けて行くものなので、それまでWHRも自動的に続けていくつもりなのです。
で、会としての活動 - メンバーを入れて活動していくことについて、この「第一期」は、本当に大きな収穫となりました。
一人でやってたらいつまでも得られなかったものを、たった2年でこんなにも得させていただいたことは、かけがえのない財産ですし、たくさんの方にフィードバックしていける貴重な経験だと確信しています。
そして、その結果から、もし「第二期」をやるとしたら、機構そのものをしっかり変えるつもりです。
つまり、私が完全に引っ張って行くこと、こういう制度でこういうお金の仕組みでルールで一緒にやっていきます、という風にきちっとオーガナイズをする、という形しかなさそうだ、ということです。いわゆるお茶や花道でいう「流派」の立ち上げみたいな感じに、なるようです。
私だけの考えではなく、信頼できる複数の方に話したりアドバイスを貰ったりした結果、数年前から言われてることが変わらないので、あ、やっぱりそうなのね…と思ったっていう…感じですね。。( ´ ー ` )ふふっ…
私は、自分に対する認識が甘かったです。知ってたけど、ハートでわかっていなかったのです。これのせいで混乱の招いている部分が少なからずあることも申し訳なく、またそれでも付き合ってくださる方々に、大変感謝しています。
精進します。続ける限りは責任を持って精進し続ける努力だけが、証明してくれると思っています。
これからまた、ちゃんと自覚を持って、改めて心を込めて、しっかりやっていきます。


……ですが、そんなわけで第一期、自分なりに頑張りました。
基本的に個人プレー気質の自分は、ちょっと疲れました。(笑)ので、会活動に関して少し充電期間とさせていただき、しばらくは個人活動に戻ります。
また始めたい、みんなでわくわくする活動をしたい、これならできる!って強く感じたら、またその情熱に素直になって、動き出したいと思います。
今は、これまで通り、自分自身の活動を、地に足をつけて一つずつ、一人ひとりの人生や魂や心と大切に向き合わせていただきながら、楽しんで、繊細に、歩んでいきたいと思います。


お二人とも、本当にありがとう。
今も変わらず、隣を一緒に歩いてくれる、やさしいあすかさん。
上を目指していっつもがんばってる、でもまだ自分を知らない、ともこさん。
二人とも、大好きです。
お互いにこれからもがんばりましょう…!そしてまた、いつでも、あそんでくださいね。( ´ ー ` )

というわけでこれにて第一期メンバー活動、終了です!
第二期をお楽しみに!!!( ´ ∀ ` )


ラブ。。。。。。(*´ω`*)(*´ω`*)(*´ω`*)

IMG_6575.jpg




20170906 Yukiko

甘すぎないケーキ作り

2017.09.03 20:41|日記。
全くもって唐突なのですが、ここ半年ぐらい、人生で一度も焼いたことのなかったケーキを焼き始めたんですよ。
『こちらの甘すぎるスイーツが無理&朝食には甘いものを食べて糖分補給したい&朝は手作りのものを食べた方がほっとする=朝食+間食用にケーキを手作りする』
っていう経緯と結論で。

IMG_5721.jpg

元はといえばこちらのカッテージチーズが好きすぎて、自分でも作りたかったのを、友達にどの種類を買うべきか聞いたおかげで突然チーズケーキ作り始めて、今ではさらっと作ってます。
といってもチーズばかりじゃ飽きるので、チョコレートチーズケーキにしたり、オレオぶっこんでパイ生地で焼いてみたり、でまぁやっぱ飽きるので全く違うガトーインビジブルとか作ったりしてる間に今に至る。

IMG_5520.jpg

全粒粉入りバナナケーキ。うます。

IMG_6657.jpg

こちらはごく最近、間違って買った「チョコレート生クリーム」を使って簡単にパウンドケーキ作れないかなと適当にやったら美味しく作れたやつ。
ほんまに美味しかった…。
あと、生クリームコーナーに、あらかじめチョコレートをしっかり溶かし込んで、泡だてたらすぐチョコレート生クリームが作れるようにしてある生クリームを売っているヨーロッパよ…。どんだけ…さすがです…。まさかそんなの売ってると思わなかった………便利じゃん!!!!!!(ありがとうございます)


・で、何が言いたいかというと、「甘すぎない」について語りたいんですよ。
普通に味の話として。笑

研究の結果、私が「甘すぎない&飽きずに毎日食べれる」と感じるのは、一つのケーキに糖分50gまで、ということが分かりました。
わりと一般的な大きさのケーキ型(18cm)やパウンド型(20cmくらい?)だと、小麦粉1カップ(110g)またはカッテージチーズ250gなんですけど、それに対して糖分が総重量50g前後だとうまくいくようです。

ただし、50gは必要最低限なため、この50gを例えば全部はちみつでまかなってしまうと、健康的すぎて「甘いもん食ってる感じがしない‥」という。なんかこう、食べ応えとか満足感が足りないので、一個余計に食べたりするわけですよ。これは私の求める食事効率ではない。一個で済ませたい。。一切れ食べて満足したい。
かといって甘すぎると、ホールケーキを一人で1週間ぐらいかけて黙々と食べてる間に、飽きるというか、疲れるんです。「あーもーあかん甘すぎる…」てなる。これは多少なりとも自分の内臓に負担がかかってるという証拠で、これも嫌、避けたい。
でわかったのが、「不健康な砂糖も少し混ぜると満足感が増して安定する」ということ。
健康的なものに、ジャンク要素を少し入れ込むことで、満足感と質量が安定するようです。
私の場合は、グラニュー糖を食べると気分が悪くなるし、三温糖は好きだけど溶けづらかったりなので、少し質のよい雪のような粉砂糖を使うことにしました。これだとどういうわけか、胸が悪くならない。(でもちょっと安めのお徳用のを買ったらちょっとダメだった。割高だけど元のに戻そう…。)


・で、例えば、バナナケーキやガトーインビジブルは、しっとりしてOKなので、はちみつを使います。
自分で計量とかいろいろ工夫した結果、はちみつ大さじ2+粉糖大さじ1が黄金比。
フルーツも入ってるしで、自然な甘みと満足感がバッチリきます。
そしてチーズケーキ、パウンドケーキ等は粉糖大さじ5でいいです。これだと45gなので、最後の1杯を少し大盛りにすればいいですね。しなくてもいいです。( ´ ー ` )
三つめのお手軽チョコレートパウンドケーキも、大さじ5で作りました。ジャストでした。

あとめんどくさがりさんに朗報なんですけど、ドライレーズンやラズベリー、戻さなくても最後にぱらぱらってして焼いても案外戻ります…。完全にじゃないので、ふにふにのを食べたい人には向きませんが、ある程度ドライでいい+味にアクセントつけばいいっていう人にはお勧めです。
私は楽がいいので、お湯で戻す手間すら省く。ふははは。
ちゃんと美味しいです。はぁと


・ところで、どうして「50g」なんていう微妙な数値にたどり着いたかというと、やっぱり根本的に、こちらで生まれ育ったわけではないので、こちらの素材や食生活だとどんぶり勘定でエネルギーの計算ができない、というのがあると思います。
日本にいて、日本の食材や調理法で作られたものであれば、ある程度適当に食べてもそれほど体調崩しません。
しかし、こっちに長く暮らしているとどうしても、微妙な差が体調に現れてきます。
今、皮膚などにも出ていますが、内臓的にも、ほんの少しの%の差とかグラム数の差で、すごく美味しく心地よく感じたり、逆にすごく負担や疲れを感じたりするようになってきました。ずっとそうではあったのですが、住めば住むほど、その違いをはっきりと自覚するようになりました。
私にとって今、この微妙な数値や品質の良い悪いをきちんと調整することが、何よりも大切なのです。
体や心が「満足だ」と感じるとき、私は正しいものを食べていますし、「違う」という感覚を無視すれば、違和感は体調にも精神状態にも現れ、なんとなくうまくいかなくなります。

なので、実はもっと微妙なこともしていて、例えば夏モードに体が入った瞬間、それまで普通に飲んでいた乳脂肪分3.5%の牛乳が重くて飲めなくなりました。(笑)なので、いつもは飲まない1.5%の牛乳(それでも十分満足)を飲み、少し足りない時は3.5牛乳とブレンドして、その日の体調で欲しい乳脂肪分が違う、というのを実感してました。
そして、8月末から既に涼しいというかちょっと寒くなってくると、体は秋モードに突入したようで、突然1.5%牛乳を不味く感じたため、もう今は3.5しか飲んでません…。
これと同じく、小麦やお米なども、「本日の小麦メーター」みたいなのが体内にあって、「小麦、足りた!」「もう乳脂肪分入りません!」「今日はお米が足りないので食べてください!!」と、内臓が全力で自動でサインを出してきてくれますので、それに従ってメニューを決めてるのですが、……これって私だけなんでしょうか……?(・ω・)
とにもかくにも、私の最近はこんな具合なのでした。。
面白いし便利だから、これからもこれにしっかり従っていきます。


・今回はとりあえず「研究の結果、50gだった」ということだけを書きたくてお伝えしました。笑
こないだまで来てた母に、朝食用にちゃちゃっとチーズケーキ作ってあげたら、おいしいって喜んで食べてくれて、よかったなぁ。
旅行から帰った次の日にぺぺぺっと用意してたら、後で「上手いもんだね」と言われて、料理上手の母にそんなこと言われたら、光栄ですねぇ…へへへ。


・さて!
旅行からとりあえず帰ってきました!!!!
こういう純粋な旅は久しぶりで、母と一緒に旅行できたのも楽しかったし、
全くそういうつもりじゃなかったのですが、けっこうスピリチュアルな旅になりました。
久々の旅行記をまたちょこちょこ更新していきたいと思います!
ちょっと疲れたけど、楽しかった……!本当にリフレッシュになりましたし、軸を取り戻すきっかけになった。
旅行は休息なんかじゃない…と思いました。睡眠と同じで、脳みそに詰め込まれたものを消化するために絶対必須な時間なのだと痛感しましたね…。デフラグ除去。

ではーまた♪

FullSizeRender.jpg

あれこれ

IMG_5584.jpg
新しくやってきた多肉植物の舞姫?数珠姫?ちゃんと、今年のテーマクリスタル。
はーかわいい。



日記書いてなかったのであれこれ。


・サイトリニューアル作業、ちょこちょこ進めてるのですが、意外と慎重にしっかり進めてるので時間がかかりそうです。
やってる内容の芯は相変わらず不変ですが、もっと「ユニバーサル」にしたいな、と思い、言葉の一つ一つや、書き方を工夫しています。
もっと言えば「もっと短くて簡潔だけど、もっと伝わるページ作り」です。
ちょっと出来てきた〜💪

この作業が終わる頃には夏休み期間に突入しそうなので、またもや10月始め頃がリニューアルタイミングになるかも…です!
相変わらずのんびりですが、うちらしさに磨きをかけて、内容も充実していきます。
今の時点でだいぶ新しくなったことがあって、全然アップデート追いついていない状態なのでちょっともどかしくはあるのですが、急いでやっても夏休みで受付できなくなるので焦らずいきます…!


・あんなに苦手だ苦手だとずっと言ってたツイッターが、一周年を迎えてしまいました…。驚きだね。
慣れてみると、クソリプは私の体質に合っていたよ…(クソリプ体質…)
最近はちょこちょこ、フォローしてくださった方とお話しできたりしてて、すごく嬉しいです。お聞きすると、以前私のセッション受けてくださった方とかみたいで…!本名お聞きすればどなたかすぐ分かるんですけど、気になりつつもあえて全く聞かずに遊んでいただいています。笑
ツイッタランドの住人さん、私もまたこれから絡んでいきたいと思ってますので、遊んでやってください🙏


・ビザが…!てずっと言ってますが今もまだ戦っておりまして、今年の夏は日本は帰れない(ので多分年末〜新年)んですが、今年は友人やら何やらこっちにあれこれ来てくれる期間がガッと固まったので、結局一ヶ月ぐらいまるっと夏休み期間を頂くことになりました。
というわけで今年は8/11~9/15ぐらいまでまるっと休みます。
よろしくお願いします。


・しかし一年半以上ぶりに完全プライベートでの旅行に行けることになり、本当に夢みたい…。嬉しい…。。。夢みたいだけど…現実…泣けるほど嬉しい…。。。ストレスが溜まりきっているんだ…
いっつも仕事絡みとか人を案内したりとかで、もちろん自分がやりたくて必要だからやってたんですが、一方で自分の楽しみやリラックスや興味のための旅行に全然行けなくて心身共にフラストレーションが溜まりまくってるので、プライベート旅行はたった一週間と短い期間ではありますが、めっちゃくちゃ楽しんで心を解放してこようと思います…!うあああああ!!!!!!もーーーーいい加減ほんとマジで辛い!!!!!(心の奥底からの声)


・今月始め頃、あれこれしてたらiPhoneがいかれまして、どうした?と思いつつ、あぁもうこれは…。みたいな予感もあったのですが、修理に出したら案の定「マザーボード逝ってますね」て言われたので、あぁこれはもう寿命だわ。。ということで、出費は痛かったですが念願だった赤iPhone7ちゃんをお迎えしました。
これがもう…
手に馴染む大きさといい私の一番好きなApple赤といい、押したら反応が「んっ」と返ってくる3D Touchパネルといい…すごい…このiPhone…オーダーメイド?生きてる…この子生きてる……ていうしっくり具合です。

IMG_5511.jpg


カバーもチェコのハンドメイドで恐ろしいほどしっくりくる赤と白のバランスのが見つかってしまい、いやもはや完全なるオーダーメイドでは?と言いながら日々過ごしています。
よかった…4年半、何度も取り落とし破損し負担をかけた初代ちゃんを使い抜いたからこそ、これの価値が分かるんだよね…。ありがとう…という気持ちです。
今になって思えば、iPhone5は私の手には小さすぎたのです。ということが、7が来てから分かりました。だって、落ちないもの…。手からスルッと落ちないもの。。5は持った瞬間に落ちる…。こんなに違うとは知らなかった…大きさって大事なんだなぁ。
めっちゃ快適です。はぁ〜。。。ありがたい。


・写真、空がキレイに撮れないなーというのが先代の不満だったのですが、どうなったかなと思って撮ってみました。

IMG_5609.jpg


うん…、いんじゃないかな。。。
この色の空、大好きなのです。
ついつい撮ってしまう。


・「重金属」のその後なんですが、
ホメオパシーの薬を取り始めてから、肺呼吸がやっと前のようにできるようになり(ほぼ!)、皮膚の炎症も順調に治まってきて、ホッとしていた矢先、なぜだか、また悪化してきました。
どうしてだろうとがっかりしつつ、原因が分からずにいたのですが、ある日ふっと、最近使っている安物のミルクパンの鍋底が少しずつ剥がれてきているのに気づきました。
お米を研いでたら、剥がれてくる。。なるべく取り除いて炊いてみたけど、やっぱりちょっと混じってる。。
麺を茹でたりご飯を炊いたり、その鍋はよく使ってたんです。
で、気づいた。その剥がれた破片もしくは剥がれた後の鍋底から、私は金属を再び身体に入れてしまったのだと。。。。
そうとなったら速攻で鍋を捨てました。(そしてちゃんとしたのを買いました。。)
そしたら身体に入れてしまった金属が排出された頃に、再び炎症は治まり、掻き壊すようなことはなくなりました。
それで「あぁ、本当に、本当に金属だったんだなぁ原因、、、、、、」
と思い知った次第です。
不思議だけど、これで確信に至りました…!


・あ、えっと!
ユーストは今後もたまに企画してやりたいと思います。
あとはあれだね、飲まないほうがいいみたい。爽
第一部(最初の一時間)は企画立ててちゃんとやって、二次会(その後の野となれ山となれ時間)に飲み始めてもいいけど、どっちにしろこっちは昼間ですからぁ!!!日本は夜でも!!!!だから意味ない。。。
て気づいた。
でも真面目にやるのやだな〜。ふざけたいな〜。両方やりたいな〜。。。両方やる💪💪

ユーストじゃなくてツイキャスやPeriscopeみたいのでもいいかなとは思ってます。
なんかまたやってみます✋
ご意見ご要望は随時お待ちしております〜!



ではー✋

明日多分ユーストやります。

2017.07.13 21:30|お知らせ
なんか思いつきで「リアルタイム配信やりたいなぁ」て前から言ってたのですが、
とりあえず明日、14日金曜日の22時より、やってみます〜。
http://ustre.am/1zLdc
こちらで。

お題とか特に決めてないですが、まぁ初回だから何かしらカードのお話しでも?とは思っていますが、
なんでリアルタイムにしたいかというと皆さんのコメントが見たいから…。なので
聞かれたこと次第でどんどこ脱線していく感じが一番理想ですね〜。

もしお時間合うようでしたら、遊びにきてください!
よろしくお願いします :-)
| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile

Yukiko(WHR)

Author:Yukiko(WHR)
誠心リーディングの会(WHR)を立ち上げ、オラクルカードリーディングセッションやティーチングセッション、オラクルカードリーディング基礎講座、エーテリアルクリスタルヒーリングを提供しています。
本職はイラストレーター&画家(ウェブ)。チェコ在住。

Category

Resent Entries

Link

Twitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ