メリークリスマス!

2017.12.25 02:55|日記。


昨日投稿したものです!
メリークリスマス♪

私は無事、日本に着きましたが、日本の冬が久しぶりすぎてしばらくカルチャーショックを受けてました。(まだ受けてます。笑)
セントラルヒーティングに慣れてしまっていたため、朝服を着る時に服が冷たいのでうわっ!てなりました…。そういえばそうだった…。

1月のイベントですが、とりあえず無事当初の予定通りの講座&WS開催が決まりました。
まだまだご参加受け付けておりますので、奮っておいでくださいませ…!
今回はやはり個人予約を受ける時間が取れなさそうです。また次回…!

あ、それと「ガチ勢向け」という単語に「私は…ガチじゃないから‥むしろ怠けてるから最近‥」てお問い合わせがあったのですが、むしろそういう方のために企画したつもりだったので…!伝わってなかった。。
私がガチすぎてそう思われてるのかもですが、オラクルカード大好きパワーの影響受けに行くぐらいのつもりで来ていただけたらちょうどよいと思います…!全然!
もちろん普段から乗り気な方も。。
お待ちしております! :-)

オラクルカードはっけんラジオ vol.18 女神のガイダンスオラクルカード - Diana



ラジオです!通常回めっちゃ久々。。
今年は体調が酷かったのですが、かなり根治に向けて進むことができたので、来年はもうちょっと頻度を上げてお届けしたいと思います。本当間が空いてしまった…。ひつじコーナーはとりあえず今回で終了です。笑
とりあえずふと昨夜思ったのは、毎日一枚ずつ女神カードの話だけするラジオとか…(ラジオ?)すごい撮りたいなと思いました。女神の話してるとテンション上がるんですよね〜。

あと冬の講座&WSの募集についてもお話しました。
その中でも触れたのですが、今の所お申し込みがゼロなので、12日(金)に関しましては個人セッションのお申し込みも受け付けますので、メールでお問い合わせください。総合診療またはリーディング60分であれば開催確約でお受けします。
まぁもうこのままなければないで日本生活を満喫しろって意味なんだろうな…。休めってことかな。。そんな感じです。よろしくお願いします!

WHR冬イベント・ワークショップ1月開催!

2017.12.09 13:13|ワークショップ
来年、2018年1月のWHR講座&ワークショップのお知らせです!

2018ws-cheer.png



2018年1月12日(金)
10時〜16時 (お昼休憩を含む) オラクルカード講座基礎&土台編
- 開催確定しました!
テキストはこちらで印刷&製本したものをご用意します。場所代含みます。
場所:都内 世田谷区(お申し込みの方にお知らせします)
募集人数:あと4名まで(12/22)
受講料金:16,000円

○定番のWHRオラクルカード講座、東京開催です!
恐らく国内で唯一、体系づけられたオラクルカード学を構築しそれに基づいた指導を行う、本格的な講座です。
この講座はカードを買って使い始めてから2ヶ月程度以上の初心者の方も受講することができます。
スピリチュアルというもの自体を感覚と理論、図形と概念分類などを通じて、大局観と細部の両方からバランスよく理解していく講座です。感覚タイプの方にも理論型の方にも楽しく受けていただけます。
使い始めたところだけど謎多きなので最初に構造や活用方法を知っておきたい方、オラクルカードを買ったはいいけど「主に持ってるだけ…」な感じの方、好きなのに分かんなくて投げ出しちゃった方にはドンピシャの講座です。この機会に是非どうぞ!お持ちのカードといっぱい仲良くなりましょう!
○お好きなカード、質問したいカードなど、お手持ちのオラクルカードを幾つでもお持ちください。
○お答えできる限り、個別質問にもお答えします。



2018年1月13日(土)
10時〜13時 新年リーディングをする会
) - 開催決定!
場所:都内 世田谷区(お申し込みの方にお知らせします)
募集人数:あと3名(12/22)
受講料金:5,000円

○WHRの講座を受けたことがない人も参加OKです!受講済みの方は更に深く楽しめるでしょう。
○こちらで指定するスプレッド(オラクルカード講座応用編で習うもの。未受講の方には事前にお知らせします)を使用し、新年になったら「今年のわたしの魂の学びは何ですか?」という質問でリーディングを行ってください。
その時に出たカードを記録し、自分なりに思うところなどをまとめてみてください。また、分からない点を覚えておいてください。
○当日は新年リーディングに用いたオラクルカードをご持参いただき、参加者全員がそれぞれに実際に出たカードを机の上に並べ、お一人ずつ、お話を伺いながらそのリーディングを一緒に読み解いていきます。
いろんな人のインスピレーションや、私も同じのが出た!これって実は難しいことだよね、などシェアできることも何故かどんどん出て来るのが、こういう会の不思議なところです。組み合わせの妙から生まれる化学反応はとても楽しく愛らしくて、すごく勉強になります。
最後にお一人ずつ、「恐らくこうだろう」と思われるリーディング結果、つまり「今年の抱負リーディング」を結論としてまとめます。
願わくば、一年後にまた「今年、実際こうだったよ!」という報告ができますように!



2018年1月13日(土)
14時〜17時 ガチ勢向け(自称)ケーススタディ勉強会

場所:都内 世田谷区(お申し込みの方にお知らせします)
募集人数:あと3名程度
受講料金:8,000円 (人数が増えた場合は下がる可能性あり。後日連絡)

○こちらは分類学までのオラクルカード講座全てを受講済みの方限定となります。
○「ガチ勢」というのは、「自称ガチ勢」「気持ちだけはガチなの…」「むしろこれからこれをきっかけにガチ勢になりたい!」人、という意味です〜!最近サボってるけどちょっとこれでいっぱいカードの話がしたいな、情熱を分かち合いたいな〜という人のことです。
本当にお気軽においでください…!
○お一人1〜2件以上、ご自分でやっていて意味がわからず謎の解けなかったリーディングや、何度出ても苦手で嫌いなカード、お客様に行ったリーディングでどうしても謎が残ったもの、他にどんな解釈の可能性があったか知りたいものなどの「解明したいオラクルカード案件」をご用意ください。それらを集まった人たちで持ち寄り、一件ずつ謎の究明をしていきます。(どんな「ささいなこと」「くだらないこと」でも全く構いません!そういうものは得てして興味深い点を突いているものです。分からんと感じる、または話し合ってみたい、皆に話を聞いてみたいタネなどを、集めておいてください。)
最後に私から、取りまとめとして着眼点やコツ、今回得たものやこれから改善していくためにといった感じでお話をします。
○お申し込み時に「持っていこうと思っているお題」があればお書きください。大体の傾向が掴めるとこちらも準備できますので、お申し込み時でなくとも随時お知らせいただければ幸いです。

□こちらの勉強会は、2018年4月の開始を予定している「WHR Membership」という会員制サイトで年3回予定しているケーススタディ勉強会のプロトタイプとなります。
□サイト正会員は、WHR理念に基づいた活動をし、Yukikoの監修の元に作成されるオラクルカードデータベース(逆引き辞典のようなもの)を構築・使用・編集したり、ヘルプや疑問解決板などの会員コンテンツを使用したりしつつ、身のしっかり詰まったスピリチュアルサービスを行うという一つの目的を持った活動者たちで行える研究学会のような形で、フリーの立場としての個々の自由な活動を行いつつ、一つの起点・基盤・帰る場所を持つことができます。
□条件は、分類学まで受講済みの方。(ここまで受けないとWHRの考え方の本質をお伝えしきれないため)
ヒーリング、占い等、オラクルカード以外をメインとする方でも、その戦力の一つとしてオラクルカードがある方ならば問題なく入会・活動することができます。
□この会の目的は、WHRメンバーであると提示することにより、活動者が活動を行う目的を、WHRという看板を掲げることでより容易に示せるようになり、活動しやすくすることです。すなわち、スピリチュアルは着地点が曖昧という誤ったイメージを払拭し、地に足のついた、実践的で人の心に誠実に寄り添ったスピリチュアルサービスを志し提供するものであると宣言し提示することにより、利用者にも活動者にもメリットが生まれることです。
□興味のある方はぜひおいでください。今回の勉強会は、会員向け勉強会・研修会としての一つのモデルを実地で試してみようという試みです。もっとよい案や方向性、役に立つものがありそうならば、どんどん採用していきたいと思っています。
初年度はとにかく実験の年になると思いますので、なんかいろいろ&コツコツやってみたい方、そういうのが好きな方、単純に興味がある方など、幅広くお声がけいただければ幸いです。
来てみて合わないな〜と思えばよしとけばいいですし、面白そうだ!となったら是非ご参加ください!
今回東京に来れない方のためにも、何かオンラインでできればと考えております。



13日(土) 終了後 17~18時頃より きりたんぽ鍋を食べる会(なんとなくWHR新年会)) - 開催決定!
・どなたでもどうぞ!鍋食べたいだけの方もどうぞ!ブログ読者もどうぞ!
・ワークショップ出たかったけど出れなかったという人もどうぞ!
・私はお酒も飲みますがソフトドリンクでもお水でもお好みでどうぞ!
・こちらのメニューをお願いしようと思っています。
http://masuotei.world.coocan.jp/osusumemenu.htm
当日の講座終了後そのまま鍋になだれ込みます!ヒャッホー!
私はおまかせコースに興味津々ですが、元祖コースもよいと思いますので、参加者が集まったら相談して、お店側にオーダーしたいと思います。
・お会計は普通に食事の後だと思います。
・三日前までには最終人数をお店にお知らせしなくてはならないので、それまでにお申し込みください。
・人数が集まらなかった場合(4名以下の場合)は個人的にここで食事して帰ります。なんとしても食べる姿勢を崩さない。


※また、この日(土曜日)の午前10時〜午後15時(開始時間)の範囲内で、個人セッション予約も受付いたします。受付メニューはWHR総合診療、またはリーディングセッション60分です。
会参加お申込みがない状態で個人セッションのお申し込みがあれば、ご希望のお時間でお申し込みをいただき次第個人予約の日に変更となります。随時メールへお問い合わせください。(連絡先は記事下部にて!)



開催につきまして
○今回、土曜日に関しましては最低募集人数を下回った場合は不開催となります。今のところ、午前中の新年リーディング会は確定です!午後はあと一人お申し込みがあれば確定できます。
○土曜日は受付のご希望をいただいて、人数が集まって開催が決定いたしましたら順次、会場のご案内や受講費のお支払いのご連絡を行います。講座料金は事前銀行振込、新年会は当日です。


お申し込み方法
こちらのお申し込みフォームをご利用ください。
https://goo.gl/forms/lLuzLLQtGRek0rN32
確認次第、折り返しメールアドレスへご連絡差し上げます。
・なお、もしお申し込み後1〜2日以内に折り返しのメールが届きませんでしたら、何らかの理由によりお申し込みいただいた送信結果が反映されていない可能性がございます。その場合はお手数ですが、wholeheartedreadings785(アットマーク)gmail.comまで直接お問い合わせください。よろしくお願い致します。


皆様にお会いできますことを、楽しみにしております!
🌙

テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体

怒りってなんじゃらほい

やたら軽やかな書き出しで始まりましたが、今年の個人的テーマは「怒り」でした。
て書くとまた怖いんですけど、ぜんぜん、普通です。
感情の一つとして、怒りというのは至極真っ当なものだからです。

怒りを抱きにくい性格の人はいますが、この暴力の星とも言える地球に生まれた以上、怒りを一回も経験せずに死ぬ人間はいないはずです。
特にそれが、何かを愛するが故、誰か(勿論自分を含む)の尊厳を傷つけたことに対して怒る場合は、全く心配の必要はありません。

また、くだらない自尊心と、絶対に守らなくてはならない自尊心の2種類があります。まだこの二つの見分けがつかない人は、あまり怒るべきではないかもしれません。ただのヒステリーになってしまうのなら。でも、これは守らなければならないものだと確信しているなら、怒るべきなのです。それを抑えてはおかしなことになります。例えそれが話し合いの結果、自分が間違っていたと気づいたとしても最初に、それは違う!と直感したならば怒る方がよいです。間違ってたと分かった時点できちんと謝ればよいのです。誠意やまっすぐさは通じます。保身に走って謝らないのは、たいへん問題ですけども。

とはいえ、要するに怒りって、扱いに困るんですよね。
確信が持てない場合もそうですけど、特に天使やなんかが好きな繊細な私たちにとって、人が怒るのも嫌だけど、自分が怒るのも嫌だったりして。むしろ、人が怒るのは仕方ないけど自分だけはニコニコしてたい、と思ってる人もいるでしょう。それが例え偽りのニコニコだとしても、まだその方がマシだと固く信じている人もいるでしょう。優しさが故に。
これは適切な怒りだ、と明確に言える人は、あまり多くないのかもしれません。
でも、もしあなたがその段階に達しているのならば、主張することを始め、続けていきましょう。


2017年の個人的テーマだったことによって私自身、「怒り」に対する印象は非常に大きく変わりました。
自分が前に進むための、一つの混じり気なしのモチベーションとして機能することも多くあるのだと自覚しましたし、それが愛に基づいていることも確認できました。つまり、私の怒りは何か大切なもののために腹の底から湧き上がるタイプであって、自己保身のヒステリーで表面的に爆発するタイプの怒りではないということも分かりました。そしてだからこそ、発散や表現方法が必要であることも。それを適切に行えば、非常に健やかなエネルギー源であるということも。

コツは、いくら健やかといっても湧き立った瞬間は頭にもきてますので、適切に表現できる程度に冷めるまで少し待つこと、きちんと伝えられるところまで落ち着いたらなるべく率直に相手に伝える方法を考えること。対処すべき事態である場合はなぜ自分が怒っているのか、どう改善して欲しいのかその余地はあるのかないのか等を冷静に見極めてから、相手も自分も傷つけない適切な表現で伝えること。そして一切罪悪感を抱かないよう努力すること、です。

スポーツなどでの発散や芸術表現をする場合はほぼ待たなくて大丈夫です。何故なら芸術表現できるということは、その怒りは対処の必要な段階にはなく、元々も愛から生まれているからです。その場合は邪念が入る余地がないのでそのまま出しても大丈夫。それは純粋なエネルギーなので、誰も傷つけません。誰かを励ますことになる時もあるくらいです。



てわけでここからは、私が今年学んだり実践したりした「怒りを表現する、ということ」について書きたいと思います。例によって長いのでつらつらお読みください〜。何度も書いてて文章おかしいとこもあるかと思いますが、ま、手記ということで…。


・今の私の目標は「チェコ語で怒れるようになること」です。
私は元々、怒ることに嫌悪感があるため(理性を失ったヒステリーを見るのが昔から大の苦手だった)、怒る、というのは私にとってはものすごく労力がかかることですし、怒った後に大抵「自分も同じことを人にしていたらどうしよう」と自分を疑い怯える期間が入ってしまうことを考えると、実に割に合わない労力なんです。
とはいえ、相手にそれを伝えないと、自分のストレスは増えに増えに増え続け、相手はのうのうと暮らしてる。これはフェアじゃありません。相手には少なくとも、自分の行動によって怒っている人間がいることを知らせなければ(爽)。
というわけで、私の性格だと「適切に怒れる」レベルの豊富な語彙を身につけないと、この国で自分は健全には暮らしていけないだろうとつくづく実感したために重い腰を上げて先生を探し、天使が見つけてくれてやっと先月から、難しいこの言語を再び学び始めることができました。
適切に怒るためには、何かあった時にとっさにきちんと相手におかしいことを伝え、どうしてそうなったのかを相手から正確に聞き、これから何ができるのかと伝え合えないとですので。頑張ります…!( ´ ∀ ` )今の目標。。

・とはいえ、チェコ語ができるようになるまで待ってられない案件は日々湧いてくるわけで(もはや笑うよね)、その都度適切に不満をお伝えしたり、らちがあかん相手からはさっさと手を引いて他の関係者から話を根回してもらったり、これはちょっと我慢して待ってれば平和に終わるからとりあえず相手が謝って対処するまで眺めてようと見極めたりとあれこれしないとダメなんで、そういうものには英語で対処しています。個人主義もあってか遠回しの嫌がらせはほとんどない分(チェコ人同士ではだいぶあるみたいですが)、「察する」という機能はほとんどついてないので、話しててこいつは駄目だ会話にならんと思った瞬間に担当者を変えてもらう、など迅速な行動が求められます。ええ。これはたとえ私がチェコ語が出来たとしても同じだということは、チェコ人の大家さんがチェコ語で予約したガス修理屋が二件ともすっぽかしたことで立証されてますので(いやマジで今年どーなってんだ!!!)もう対応はとにかく早め早めに…。あと待ってても大抵連絡は来ない…。たまに連絡があっちからくるともう目を剥いて驚愕……、いやマジでなんて国だ!!!こんなだから金ねーんだよ!!!いえね、私の親友たちとかはさ、私と性格が合うぐらいだから連絡もマメなのでまず大丈夫なんですけど、社会生活において結構ね…。困るので。。
というわけで以上、言葉・コミュニケーション編でした。


・それと、言葉の外からやってくる「怒り」に関しては、絵を描いていました。ほぼ生命力として湧いてくるレベルのやつ。
実は、絵を描くという行為に「怒り」というエネルギーが直結することができるとは今まで生きてきて一度も思ったことがなかったため、ちょっと戸惑いましたし自分としても驚きでしたが、やってみると案外親和性が高いのです。というのは、「なぜ怒りを抱くか」というものは強烈で純粋なエネルギーであり、自己表現だからです。誰かにふっと言われた一言、みたいなことに後で突如ぐわっと怒りが湧いてきて、その勢いで紙に向かうんですが、カッとなってるわけではなく奥底からぶわぶわっとマグマのように湧いてくるため、絵を描きながらそのマグマが全て体と心から流れ出ていくのを見ているような感じです。
出切ったところでなんだか妙にスッキリして、なんで怒ってたのかはすっかり忘れてしまうんですが(本当に完全に忘れてしまうのがすごいところだ…)、興味深いのは、それを身近の信頼できる人たちに見せたとき、その絵をすごく気に入った人がいたことです。その人は若い人でしたし、その絵は表面的には怒っているようには全く見えませんでしたが、おそらく何か強いものを感じたようでした。その時に、あぁ、芸術って「昇華」だと言うけど本当だな、と思いました。自分自身、その絵を見て何か特定の嫌なことを思い出すというような次元の低い反応は一切生まれませんので、ちゃんと芸術になり得た、ということなのだと分かりました。
これは面白いです。絵を描く時に使えるものを、また一つ見出すことができました。
そのふつふつと湧いてくる強い感情は、それが怒りであれ喜びであれ無念であれ、純粋な「自分そのもの」であるからです。


・そしてもちろん、「皮膚」の問題、です。
今年最も大きかったものはこれですし、根本的にはこれが一番大きなものだと思います。わたしが体内で作り出してしまう矛盾を教えてくれるものでした。
ホメオパシーによって、体内に溜まっていた重金属がアレルギーの原因と知らされた時には本当にびっくりしました。一時的にさらに悪化し、とんでもない状態にまで行きましたが、今は落ち着いてきました。今も治療のプロセスにありますが、徐々に改善していってます。殻を破る、というテーマにもひと段落ついたのか、炎症が顔に出ることもなくなりました。
その学びの最大のものは「自分のペースで行動していないと、体は怒りを感じるのだ」ということでした。
炎症は基本的に全て「怒り」です。何に対してどのように怒る、というのにはいろいろありますが、私の場合は自分の意志の力が強すぎる分、意志と不安だけで体を無理やり働かせて作業しようとしがちなわけで、そうすると一気に発疹が出て腕や脚が血だらけになってしまったりそれが顔に出てしまってとてつもない目に遭い、さすがに凝りまして、とにかく自分の気持ちや体調に絶対無理をさせない、を心がけるようになりました。かなり慎重に、焦らずに進め、飽きたとか疲れたとか腹減ったとか思ったらなるべく即座に休憩し体のニーズを満たす努力をし、無理だと思ったらその日は終わりにする、といった、いわばとても普通のこと、を心がけました。
そうしたらこうして年の終わりには、ちゃんとわがままになれるように、なりました。
疲れた!もうやだ!と思ったら離脱する、なんか元気溜まってきた!と思ったらむくっと起き上がって作業に戻る。その流れが最も効率がよいですし、やりたいことがやれますし、自分が生きていて楽しい方法でもあるのです。体のペースやニーズも、きちんと叶えてあげることができます。それをするようになってから、私の皮膚は血を流さなくなりました。

こんな単純なことすら、今までの私には十分にはできませんでした。それはなぜかというと、私は自分を「こうだ」「こうあるべき」「普通はこうしてる、このぐらいはすべきだ」というように、全く意味不明の基準で縛りつけていたからです。それが失敗していることには、体の反応がなければ気づけませんでした。
しかしそれが間違いであると、体に教えてもらいました。私がわたしのペースやひらめき、行動効率がきちんとできていて、体に従えばちゃんと達成されるということを信頼すると、体は安らぎ、心はウキウキし、勝手にアイディアや進むべき方向、今とるべき正確なステップを思いつき、それを順当に踏めばそれらはちゃんと達成されました。焦りや決めつけはそれを破壊するだけでした。破壊されれば失望し、モチベーションと自己への信頼がごっそり損なわれます。大変な悪循環です。
人間は目に見えるトラブルが起きないと自分を改善しようとは思わないものです。私もそうです。今回はあまりにも皮膚が悪くなるという経験を経て、急いでやってしまおうと思った瞬間に私のペースは狂い、体はついていけないと感じていることがわかりました。
これも、違う形での「怒り」の学びでした。
体の声を今までよりずっと聞けるようになったのは、最も大きな収穫だったと思います。
これからもっと繊細に、敏感に、自分の感じているものを認め受け入れ、健やかに生きてゆきたいと思います。


そんなこんなで今年の
・人に伝えるべき怒り
・芸術表現に用いる怒り
・皮膚・体の怒り
の三つで一年てんやわんやしてる間に12月になりました…な…。なんかもう…すごい一年だった…。とにかく濃かったですし、とにかく言えるのは、自分の「感情」と、ものすごく、向き合わされた、そんな気がしました。
奇しくも夏に、書道家の先生に「君の絵は、感情なんだ」と言われて初めて、そうか、感情なんだ。って分かってからは、ずっと分からなかった私というものの鍵が初めて手に入ったような感じがしています。
「感情」が非常に優秀なセンサーであることは、オラクルカードでも「感情」「繊細さ」などのカードを通して語られている部分ですが、そのことを様々な角度から深く知ることとなりました。
一年がかりでド浄化させられて、これからまだやらなきゃいけない感じがしています。でも、なんかやっと「自分」という人生を歩けるようになってきたのかな、という感じがしてます。というのは、楽しいんです。生きてて。(笑)なんか、初めてかもな…て思うんですが、本当、表面だけ見たらすごい辛いのに、今、すごい純粋に楽しくて。
自分の力を恐れなくなって、自分のあり方の特徴を知って、そのあり方との共存を徐々にできるようになってきて、ちょっとバランス崩すと感情や体がすぐさま教えてくれて、ありがとう!繊細でよかった!って言いながらまた立ち上がる。
体の声と心の声は直結している、と実感しました。
体も心も、他ならぬ私自身でありながら、ちょっと別々の物質みたいなとこもあります。
こういうとこが面白いですよね…。

この「怒り」の年が、これからどんな風になっていくのか。自分でも、楽しみです。
でもこうして怒りというものを知ることができて、なんというか、また一つすごく深く豊かになれた年、だったという気が、実は、しているんです。より自分自身と深く繋がれた気がします。仲良くなれた気がするんです。
へへ。。
正直な声は、やはり良いものです。

来年もよろしくな!俺!

現場からは以上です!おやすみなさい🌙🦄🌙  ←ところで、絵文字ってどのぐらい表示されてるのでしょうね…?

逆らうのススメ。

2017.11.17 22:45|オラクルカード哲学
先日、講座をやっていて、とある質問をいただきました。それは
「デイリーを引いてて、振り返っても意味がわからなかった時が多いんですが、どうすればいいですか?」
というものでした。

分からないと一口に言っても色々なパターンがあるので、例えばどういう時ですか?とお聞きしてみたところ、
「例えば、休みを取りなさいというカードが出て、そうした方がいいのかな?と思って、なるべくのんびりしたり、好きなことをしたりしてその日はゆっくり過ごしたんですけど、いざその日を振り返る時に、じゃあ休んだからどうだったのかっていうのが分からないから、振り返りが書けないんです…」とのことでした。

実はコーチングでもこういった生徒さんはおられたので、こんなようなことを、恐らくわりと多くの方が経験されてるのだろうな、と感じました。つまり
「カードに出たからその通りにしてみたけど、そのおかげで何がどう良かったのかが分からなかった」という感じです。
もしくは「カードのおかげで○◯だった、と発見したことを書きたいけど、特に思い当たらない」という感じ。


まず言いたいんですけども
「カードのおかげで人生が向上しました!」みたいな日記を、なぜ目指すのか?が私には分からない。少なくとも私はそんな意味でデイリーを勧めた覚えはないんですよね、おかしい…。

その日が良かったとか悪かったとか、カードのおかげで助かったとか、そんなまとめをしようとしてるのが、なんかそもそもちょっとズレてるのです。んんん、そういうことじゃない。少なくとも、カード本格的に始めて間もない人にそんなことは全く望んでない。。無理ですもん。時間がかかるものですし…。
それにそんなことをするのなら、せっかく「自立した」人生のため・「自分の足で歩き自分で決断する」人生のためにオラクルカードがあるっつってんのに、カードに判断を委ねてることになるじゃないですか。それじゃ全くもって本末転倒じゃありませんか。。そうじゃないんですよね…。

あと、何でか分からないけど‥と言うんだったら、じゃあなぜ素直にカードの言うこと聞いたの?って思うんですよね。
私なら、納得いかないことなんて聞かないし、聞かないで好きなようにしたからこそ物の道理が分かったとか、天使の言いたかった意味がわかったってことならたくさんあるから、そうやって身につけてきました。分からないんだったら一旦無視して過ごして、後でその妥当性を検証して(その検証のために記録つけてみてねって言ってるのがデイリーの意味なので……)、もし長期的に見てそれでも分からなければ分かる人に聞けばいいし…。なんで納得すらいってないのにやろうとしたの、ってとこでちょっとびっくりしてます。みんな、いい子か。いい子なのか。
えーい!
いい子なんてやめてしまえ!!!!!!!

というわけで、そんなマジメちゃんなあなたにおすすめなのが今日ご紹介する特効薬!
「カードにあえて逆らう」
です!!!!!

カードに書かれた今日のメッセージに納得いかない時、なんで?て思った時、今日はそういう気分じゃない!とか、そんなの絶対無理だ!と思った時に、あえてカードと逆のことをしてみるんです。
面白いぞー。わくわく。
というわけで、やってみましょう。


例えば。
絶好の機会が今日突然訪れたので、私の今日をシェアしましょう。

今日、私が今デイリーで引いてる大天使ラファエルカードは「カフェインフリー!」でした。
つまり、コーヒーの類を減らして化学物質を減らせ、みたいなことです。(他にも有用な別の種類のことも書いてありますので、持ってる人はしっかり読んでください)
とりあえず文字どおりに読めば、コーヒーの回数減らしたほうがいいよ、ですよね。

ところがご存知わたくし、反逆児の血を持った女。そしてコーヒーが大好きな女。
正直、いやだよね。減らしたくないしね。
ましてや今日、天気すごい悪くて気圧のせいで全く頭が回らないのにチェコ語のレッスンで、朝カフェラテ飲んだから…と思ってレッスン中はチャイラテにしたら案の定見事に頭回らなかったんでちょっと後悔したぐらいで、なんかもう、なんならもっと飲んでやればよかった!と思ったんですよ。なにがカフェインフリーだ、逆じゃないか!と。
なので夜、あまり食欲なかったのですが、スーパーで売り始めててウキウキで買ってきたベビーみかんを4個ほど立て続けに食べた後、仕上げにカフェラテを飲んだんですよ。
そしたらね。
はい、胃が弱い人、ここでピンときたでしょうか。
そうです。
胃が痛くなってきました。。。。。。
OH....SHIT......
そうです、恐らくですが今日のラファエルカードが私にカフェインフリーと言ったのは
「あの、自覚してないかもしれないけど、胃弱ってるからね、胃を直撃するもん摂らないようにね………」
ということだったんですね………。
うん………全然自覚なかった………。

んで胃が痛くなってから、そういえば、と気がついた。
最近ちょっと食欲ないなと思ってたんだった。
最近、食べた後猛烈に眠くなったりしてたんだった。
それって胃がやられとる時の症状だった………と。
………うん、なるほどねー!ぜんぜん知らんかった!(爽)

体験を通してカードを学ぶって私が言ってるのはね、こういうことなんですよ、皆さん…!(胃のあたりを押さえながら)



そんなわけで。
例えとして今日の私の場合は、「みかんをしこたま食べた直後にコーヒーを飲む」という胃直撃コース二連発をやらかさなかったら胃が弱ってることに気づきませんでした。気づけたので、私としては後悔してないです。漢方とかどう飲めばいいかこれで方向性がつかめたので、むしろよかったな…と思っています。
しかしもし、天使がコーヒー飲むなって言ったから、、、といって飲まなかった場合、どうなってたでしょうか。
胃が弱ってることに、しばらく気がつかなかったと思います。何しろ、なんとなく弱ってはいたものの、痛いというところまでは行ってませんでしたので。で、なんとなく体調がいまいちだけど原因わからないなぁ…て思いながら、穏やかながらもまんじりともしない生活を送っていたと思います。…で多分どっかで暴れてたと思います。(つまり結局どっかで胃を痛めてた気がする…)
黙って言うことを聞いていれば、今日、胃は傷めずに済んだかもしれません。
しかし、なんでコーヒー好きの私にわざわざ天使がそんなことを言ってるのか?については、またしばらく長い間、分からないままだったと思います。


このようにして、本当に理由が知りたいならば、逆らうべきなのです。少なくとも一度は逆のことをしたり、逆らってみるべきです。
そりゃぁ、逆らうのには、多少のリスクを伴います。もしかすればちょっとぐらいは、周りに迷惑もかけるかもしれません。
だがしかし、それがなんだと言うんですか。あなた自身の人生でしょう。自分が何を選んで何を基準に生きてるかも分からないのに、さらにカードの言うことを聞くんですか?カードの言うこと聞いてれば幸せになれるとか思ってますか?あー、そんなの絶対ダメ。そういうあなたほど、逆らってみたらいかがでしょう。
理由が知りたいなら、それなりの行動を起こしたらよいのです。死ななきゃ安いじゃありませんか。胃を痛めたぐらいで死にませんよ!
そして実は、逆らってみて初めて分かることの方が、人生には多いのではないでしょうか?
誰か正しい人の言うことを聞いてれば安全でいられる、を選ぶためにオラクルカードしてるっていうのは、なんか「勿体ないなぁ」て思います、個人的には。
それって、自立した人生と言えるのでしょうか。
どうなのかな。ね。

あえてちょっと逆らってみようぜ、のススメ。




・補足
こうして色々やってみた結果、自分の体の声や心の声をもっと細かに詳細に繊細に聞き取れるようになれば、いちいち逆らったりしなくてもカードの言いたいことはピンとくるようになりますので、ご安心を…!
例えば、すでに胃がめっちゃ痛い人がカフェインフリー!ってカード引いたら、ウッ…分かってた…分かってたけどめっちゃコーヒー飲みたいって思ってたけどそれは胃が痛い自分を認めたくなかったからって知ってた…ウッ…悔しいけどやっぱりコーヒー控えよう…って気づくでしょう?だから、それでいいのです。。それ以上ひどいことにはなりません。それでも認めたくない人は飲んでもっと痛めて降参の白旗を上げれば、カードの言ってたことはホンマやったな…素直に聞いとけばよかったわ…って学習するでしょう。何かを学習するには、人間は身をもって経験するしかないんです。。。体験もしないで学ぼうなんて、虫の良いお話だぜ…。

・とはいえ……人生って変わり続けますよね?コーヒーが胃痛と関係なくなる日だっていつか来るわけです。胃を痛めるクセがなくなれば、全然違う角度からの意味でこれが出ることだってあるわけです。
てことは……カードの意味も、変わり続けますよね…?
……やっぱりここは一つ、納得できないことがあったら逆らってみる、を繰り返すしかないのではないでしょうか?

…というわけでやっぱり「逆らうのススメ」でした。



・補足2
ちなみになんですけど、逆らうと言っても実は「言葉の表面通りにしか取れない自分に逆らってみる」という意味であって本当に真理とか真実に逆らってるわけじゃないので、ぜひ安心して逆らってみてください…!「未熟な自分に抵抗する」のが大事なわけです。そして、分からないから何もしない、分からないって放っておくのではなくて、「じゃあ逆のことをしてみたらどうなわけ??」ぐらいの実験精神を持って接してほしいんですね。言葉上では逆に見えても、結果が出て見たら同じことを指していた、というのは…スピリチュアル上級者ですね。( ´ ー ` )誰でも上級者になれるんですよ( ´ ー ` )♪
そうやって「カードの言うことが表面通りじゃない」と気づくことで、さらに深い気づきを得ることができます。こうなるとだんだん、カードの有用性が身にしみてきます。アクションを起こさないと、ぼんやりしたままですよ。
オラクルカードと一緒に歩んでる以上、おかしな事故が起こることはまずないので、ぜひ「アクションを起こしてみる!」を実行してみてください♪
| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Profile

Yukiko(WHR)

Author:Yukiko(WHR)
誠心リーディングの会(WHR)を立ち上げ、オラクルカードリーディングセッションやティーチングセッション、オラクルカードリーディング基礎講座、エーテリアルクリスタルヒーリングを提供しています。
本職はイラストレーター&画家(ウェブ)。チェコ在住。

Category

Resent Entries

Link

Twitter

Search

RSS

Archive

ページトップへ